SDRunoのばーじょんあっぷ

3月14日にSDRunoがばーじょんあっぷされてだうんろーどできるようになってますた。

いまさっき落として、いんすとおるしていない。

Versionわ1.3

追加項目と変更点

機械翻訳 VY SRI

周波数スキャナ(範囲とリスト)
VFO用のIQ出力(SP2帯域幅)
ユーザー設定可能性を追加し、急激に変化する強い信号によって引き起こされる視覚障害を軽減するための新しいIF AGC
追加のユーザ設定パラメータ:アタックタイム、ディケイタイム、ディケイディレイ、ディケイしきい値
メインパネル設定内のすべてのIF AGCパラメータが単一パネルになりました
ゲインの変化が発生したIQデータのパケットにゲインキャリブレーション値を合わせることにより、急激に変化する強い信号による視覚スペクトルの乱れを軽減
RXコントロール設定(OUT)でオーディオリミッターを無効にするオプション
S-Meterの代わりにdBmを返すための電力レベルの拡張SM CATコマンド
SM1 VFOパワーをdBmで正の数として返します。SM00084。戻り値= -84 dBm
記録を開始および停止するCATコマンド(RE)
【RE】記録ステータスを取得
RE0。記録を停止
RE1。録音開始
RE4。録音を一時停止
ステータスコードを返す:
RE0000 =停止、RE0001 =録音中、RE0002 =一時停止中、RE0006 =コマンド失敗
終了時に、メモリパネルが最後に保存されてから変更されている場合はプロンプトが表示されます。
メインウィンドウのタイトルバーにバージョン番号を追加する
SDRunoの開始時と終了時に表示されるスプラッシュスクリーン

変更点

すべてのRSPモデルに推奨
不要なスプリアス応答を最小限に抑えるためにバンドフレーミングボタンを再設定しました。
1920 x 1080の自動レイアウトに、周波数スキャナーウィンドウが組み込まれました。
設定はレジストリに保存されなくなり、代わりにiniファイルを使用して保存されます。
SDRunoはデフォルトでゲインリダクションモードではなくゲインモードで起動するようになりました
RSP1のゲイン制御スタイルが他のRSPと同じになりました


にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ

BCLSDRuno

Posted by JK7ESY