箴言

にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ

箴言1章

1:イスラエルの王、ダビデの子、ソロモンの箴言。
2:これは知恵と諭しをわきまえ 分別ある言葉を理解するため
3:諭しを受け入れて 正義と裁きと公平に目覚めるため。
4:未熟な者に熟慮を教え 若者に知識と慎重さを与えるため。
5:これに聞き従えば、賢人もなお説得力を加え 聡明な人も指導力を増すであろう。
6:また、格言、寓話 賢人らの言葉と謎を理解するため。
7:主を畏れることは知恵の初め。無知な者は知恵をも諭しをも侮る。
8:わが子よ、父の諭しに聞き従え。母の教えをおろそかにするな。
9:それらは頭に戴く優雅な冠 首にかける飾りとなる。
10:わが子よ ならず者があなたを誘惑しても くみしてはならない。
11:彼らはこう言うだろう。「一緒に来い。待ち伏せして、血を流してやろう。罪もない者をだれかれかまわず隠れて待ち
12:陰府のように、生きながらひと呑みにし 丸呑みにして、墓穴に沈めてやろう。
13:金目の物は何ひとつ見落とさず 奪った物で家をいっぱいにしよう。
14:我々と運命を共にせよ。財布もひとつにしようではないか。」
15:わが子よ 彼らの道を共に歩いてはならない。その道に足を踏み入れるな。
16:彼らの足は悪事に向かって走り 流血をたくらんで急ぐ。
17:翼あるものは見ている。網を仕掛けるのは徒労だ。
18:待ち伏せて流すのは自分の血。隠れて待っても、落とすのは自分の命。
19:これが不当な利益を求める者の末路。奪われるのは自分の命だ。
20:知恵は巷に呼ばわり 広場に声をあげる。
21:雑踏の街角で呼びかけ 城門の脇の通路で語りかける。
22:「いつまで 浅はかな者は浅はかであることに愛着をもち 不遜な者は不遜であることを好み 愚か者は知ることをいとうのか。
23:立ち帰って、わたしの懲らしめを受け入れるなら 見よ、わたしの霊をあなたたちに注ぎ わたしの言葉を示そう。
24:しかし、わたしが呼びかけても拒み 手を伸べても意に介せず
25:わたしの勧めをことごとくなおざりにし 懲らしめを受け入れないなら
26:あなたたちが災いに遭うとき、わたしは笑い 恐怖に襲われるとき、嘲笑うであろう。
27:恐怖が嵐のように襲い 災いがつむじ風のように起こり 苦難と苦悩があなたたちを襲うとき。」
28:そのときになって 彼らがわたしを呼んでもわたしは答えず 捜し求めても わたしを見いだすことはできない。
29:彼らは知ることをいとい 主を畏れることを選ばず
30:わたしの勧めに従わず 懲らしめをすべてないがしろにした。
31:だから、自分たちの道が結んだ実を食べ 自分たちの意見に飽き足りるがよい。
32:浅はかな者は座して死に至り 愚か者は無為の内に滅びる。
33:わたしに聞き従う人は確かな住まいを得 災難を恐れることなく平穏に暮らす。

箴言2章

1:わが子よ わたしの言葉を受け入れ、戒めを大切にして
2:知恵に耳を傾け、英知に心を向けるなら
3:分別に呼びかけ、英知に向かって声をあげるなら
4:銀を求めるようにそれを尋ね 宝物を求めるようにそれを捜すなら
5:あなたは主を畏れることを悟り 神を知ることに到達するであろう。
6:知恵を授けるのは主。主の口は知識と英知を与える。
7:主は正しい人のために力を 完全な道を歩く人のために盾を備えて
8:裁きの道を守り 主の慈しみに生きる人の道を見守ってくださる。
9:また、あなたは悟るであろう 正義と裁きと公平はすべて幸いに導く、と。
10:知恵があなたの心を訪れ、知識が魂の喜びとなり
11:慎重さがあなたを保ち、英知が守ってくれるので
12:あなたは悪い道から救い出され 暴言をはく者を免れることができる。
13:彼らはまっすぐな道を捨て去り、闇の道を歩き
14:悪を働くことを楽しみとし 悪と暴言に小躍りする者。
15:彼らの道筋は曲がり、通う道はくねっている。
16:また、よその女、滑らかに話す異邦の女をも あなたは免れることができる。
17:若き日の伴侶を捨て 自分の神との契約を忘れた女を。
18:彼女の家は死へ落ち込んで行き その道は死霊の国へ向かっている。
19:彼女のもとに行く者はだれも戻って来ない。命の道に帰りつくことはできない。
20:こうして あなたは善人の道を行き 神に従う人の道を守ることができよう。
21:正しい人は地に住まいを得 無垢な人はそこに永らえる。
22:神に逆らう者は地から断たれ 欺く者はそこから引き抜かれる。

箴言3章

1:わが子よ、わたしの教えを忘れるな。わたしの戒めを心に納めよ。
2:そうすれば、命の年月、生涯の日々は増し 平和が与えられるであろう。
3:慈しみとまことがあなたを離れないようにせよ。それらを首に結び 心の中の板に書き記すがよい。
4:そうすれば、神と人の目に 好意を得、成功するであろう。
5:心を尽くして主に信頼し、自分の分別には頼らず
6:常に主を覚えてあなたの道を歩け。そうすれば 主はあなたの道筋をまっすぐにしてくださる。
7:自分自身を知恵ある者と見るな。主を畏れ、悪を避けよ。
8:そうすれば、あなたの筋肉は柔軟になり あなたの骨は潤されるであろう。
9:それぞれの収穫物の初物をささげ 豊かに持っている中からささげて主を敬え。
10:そうすれば、主はあなたの倉に穀物を満たし 搾り場に新しい酒を溢れさせてくださる。
11:わが子よ、主の諭しを拒むな。主の懲らしめを避けるな。
12:かわいい息子を懲らしめる父のように 主は愛する者を懲らしめられる。
13:いかに幸いなことか 知恵に到達した人、英知を獲得した人は。
14:知恵によって得るものは 銀によって得るものにまさり 彼女によって収穫するものは金にまさる。
15:真珠よりも貴く どのような財宝も比べることはできない。
16:右の手には長寿を 左の手には富と名誉を持っている。
17:彼女の道は喜ばしく 平和のうちにたどって行くことができる。
18:彼女をとらえる人には、命の木となり 保つ人は幸いを得る。
19:主の知恵によって地の基は据えられ 主の英知によって天は設けられた。
20:主の知識によって深淵は分かたれ 雲は滴って露を置く。
21:わが子よ、力と慎重さを保って 見失うことのないようにせよ。
22:そうすれば、あなたは魂に命を得 首には優雅な飾りを得るであろう。
23:あなたは確かな道を行き 足はつまずくことがない。
24:横たわるとき、恐れることはなく 横たわれば、快い眠りが訪れる。
25:突然襲う恐怖、神に逆らう者を見舞う破滅に おびえてはならない。
26:主があなたの傍らにいまし 足が罠にかからないように守ってくださる。
27:施すべき相手に善行を拒むな あなたの手にその力があるなら。
28:出直してくれ、明日あげよう、と友に言うな あなたが今持っているなら。
29:友に対して悪意を耕すな 彼は安心してあなたのもとに住んでいるのだ。
30:理由もなく他人と争うな あなたに悪事をはたらいていないなら。
31:不法を行う者をうらやむな、その道を選ぶな。
32:主は曲がった者をいとい まっすぐな人と交わってくださる。
33:主に逆らう者の家には主の呪いが 主に従う人の住みかには祝福がある。
34:主は不遜な者を嘲り へりくだる人に恵みを賜る。
35:知恵ある人は名誉を嗣業として受け 愚か者は軽蔑を受ける。

箴言4章

1:子らよ、父の諭しを聞け 分別をわきまえるために、耳を傾けよ。
2:わたしは幸いを説いているのだ。わたしの教えを捨ててはならない。
3:わたしも父にとっては息子であり 母のもとでは、いとけない独り子であった。
4:父はわたしに教えて言った。「わたしの言葉をお前の心に保ち わたしの戒めを守って、命を得よ。
5:わたしの口が言いきかせることを 忘れるな、離れ去るな。知恵を獲得せよ、分別を獲得せよ。
6:知恵を捨てるな 彼女はあなたを見守ってくれる。分別を愛せよ 彼女はあなたを守ってくれる。
7:知恵の初めとして 知恵を獲得せよ。これまでに得たものすべてに代えても 分別を獲得せよ。
8:知恵をふところに抱け 彼女はあなたを高めてくれる。分別を抱きしめよ 彼女はあなたに名誉を与えてくれる。
9:あなたの頭に優雅な冠を戴かせ 栄冠となってあなたを飾る。」
10:わが子よ、聞け、わたしの言うことを受け入れよ。そうすれば、命の年月は増す。
11:わたしはあなたに知恵の道を教え まっすぐな道にあなたを導いた。
12:歩いても、あなたの足取りはたじろがず 走っても、つまずくことはないであろう。
13:諭しをとらえて放してはならない。それを守れ、それはあなたの命だ。
14:神に逆らう者の道を歩くな。悪事をはたらく者の道を進むな。
15:それを避けよ、その道を通るな。そこからそれて、通り過ぎよ。
16:彼らは悪事をはたらかずには床に就かず 他人をつまずかせなければ熟睡できない。
17:背信のパンを食べ、不法の酒を飲む。
18:神に従う人の道は輝き出る光 進むほどに光は増し、真昼の輝きとなる。
19:神に逆らう者の道は闇に閉ざされ 何につまずいても、知ることはない。
20:わが子よ、わたしの言葉に耳を傾けよ。わたしの言うことに耳を向けよ。
21:見失うことなく、心に納めて守れ。
22:それらに到達する者にとって、それは命となり 全身を健康にする。
23:何を守るよりも、自分の心を守れ。そこに命の源がある。
24:曲がった言葉をあなたの口から退け ひねくれた言葉を唇から遠ざけよ。
25:目をまっすぐ前に注げ。あなたに対しているものに まなざしを正しく向けよ。
26:どう足を進めるかをよく計るなら あなたの道は常に確かなものとなろう。
27:右にも左にも偏ってはならない。悪から足を避けよ。

箴言5章

1:わが子よ、わたしの知恵に耳を傾け わたしの英知に耳を向けよ。
2:そうすれば、あなたは唇に慎みを守り 知識を保つことができる。
3:よその女の唇は蜜を滴らせ その口は油よりも滑らかだ。
4:だがやがて、苦よもぎよりも苦くなり 両刃の剣のように鋭くなる。
5:彼女の足は死へ下って行き 一歩一歩と、陰府に達する。
6:人生の道のりを計ろうともせず 自分の道から外れても、知ることもない。
7:それゆえ、子らよ、わたしに聞き従え。わたしの口の言葉からそれてはならない。
8:あなたの道を彼女から遠ざけよ。その門口に近寄るな。
9:あなたの栄えを他人に 長寿を残酷なものに渡してはならない。
10:よその者があなたの力に飽き足りることを許すな。異邦人の家を あなたが労した実りで満たしてはならない。
11:さもなければ後になって 肉も筋も消耗し、あなたは呻き
12:言わなければならない。「どうして、わたしの心は諭しを憎み 懲らしめをないがしろにしたのだろうか。
13:教えてくれる人の声に聞き従わず 導いてくれる人の声に耳を向けなかった。
14:会衆の中でも、共同体の中でも わたしは最悪の者になりそうだ。」
15:あなた自身の井戸から水を汲み あなた自身の泉から湧く水を飲め。
16:その源は溢れ出て 広場に幾筋もの流れができるであろう。
17:その水をあなただけのものにせよ。あなたのもとにいるよその者に渡すな。
18:あなたの水の源は祝福されよ。若いときからの妻に喜びを抱け。
19:彼女は愛情深い雌鹿、優雅なかもしか。いつまでもその乳房によって満ち足り 常にその愛に酔うがよい。
20:わが子よ どうしてよその女に酔うことがあろう 異邦の女の胸を抱くことがあろう。
21:人の歩む道は主の御目の前にある。その道を主はすべて計っておられる。
22:主に逆らう者は自分の悪の罠にかかり 自分の罪の綱が彼を捕える。
23:諭しを受け入れることもなく 重なる愚行に狂ったまま、死ぬであろう。

箴言6章

1:わが子よ、もし友人の保証人となって 他国の者に手を打って誓い
2:あなたの口の言葉によって罠に陥り あなたの口の言葉によって罠にかかったなら
3:わが子よ、そのときにはこうして自分を救え。命は友人の手中にあるのだから 行って足を踏みならし、友人を責め立てよ。
4:あなたの目に眠りを与えず まぶたにまどろむことを許すな。
5:狩人の罠を逃れるかもしかのように 鳥のように、自分を救い出せ。
6:怠け者よ、蟻のところに行って見よ。その道を見て、知恵を得よ。
7:蟻には首領もなく、指揮官も支配者もないが
8:夏の間にパンを備え、刈り入れ時に食糧を集める。
9:怠け者よ、いつまで横になっているのか。いつ、眠りから起き上がるのか。
10:しばらく眠り、しばらくまどろみ しばらく手をこまぬいて、また横になる。
11:貧乏は盗賊のように 欠乏は盾を持つ者のように襲う。
12:ならず者、悪を行う者、曲がったことを言い歩く者
13:目くばせし、足で合図し、指さす者
14:心に暴言を隠し、悪を耕し 絶えずいさかいを起こさせる者
15:このような者には、突然、災いが襲いかかり たちまち痛手を負うが、彼を癒す者はない。
16:主の憎まれるものが六つある。心からいとわれるものが七つある。
17:驕り高ぶる目、うそをつく舌 罪もない人の血を流す手
18:悪だくみを耕す心、悪事へと急いで走る足
19:欺いて発言する者、うそをつく証人 兄弟の間にいさかいを起こさせる者。
20:わが子よ、父の戒めを守れ。母の教えをおろそかにするな。
21:それをいつもあなたの心に結びつけ 首に巻きつけよ。
22:それはあなたの歩みを導き あなたが横たわるとき見守り 目覚めればあなたに話しかける。
23:戒めは灯、教えは光。懲らしめや諭しは命の道。
24:それはあなたを悪い女から 異邦の女の滑らかな舌から守ってくれる。
25:彼女の美しさを心に慕うな。そのまなざしのとりこになるな。
26:遊女への支払いは一塊のパン程度だが 人妻は貴い命を要求する。
27:火をふところにかきこんで 衣を焼かれない者があろうか。
28:炭火の上を歩いて 足にやけどをしない者があろうか。
29:友人の妻と通じる者も同様。彼女に触れれば、罰せられずには済まない。
30:飢えを満たそうとして盗みを働いた者を だれも侮りはすまいが
31:それでもつかまれば、七倍の償いをし 家財の一切をそれにあてなければならない。
32:人妻と密通する者は意志力のない男。身の破滅を求める者。
33:疫病と軽蔑に遭い、恥は決してそそがれない。
34:夫は嫉妬と怒りにかられ ある日、彼に報復して容赦せず
35:どのような償いをも受け入れず どれほど贈り物を積んでも受け取りはすまい。

箴言7章

1:わが子よ、わたしの言うことを守り 戒めを心に納めよ。
2:戒めを守って、命を得よ。わたしの教えを瞳のように守れ。
3:それをあなたの指に結び、心の中の板に書き記せ。
4:知恵に「あなたはわたしの姉妹」と言い 分別に「わたしの友」と呼びかけよ。
5:それはあなたをよその女から 滑らかに話す異邦の女から守ってくれる。
6:わたしが家の窓から 格子を通して外を眺めていると
7:浅はかな者らが見えたが、中に一人 意志の弱そうな若者がいるのに気づいた。
8:通りを過ぎ、女の家の角に来ると そちらに向かって歩いて行った。
9:日暮れ時の薄闇の中を、夜半の闇に向かって。
10:見よ、女が彼を迎える。遊女になりきった、本心を見せない女。
11:騒々しく、わがままで 自分の家に足の落ち着くことがない。
12:街に出たり、広場に行ったり あちこちの角で待ち構えている。
13:彼女は若者をつかまえると接吻し 厚かましくも、こう言った。
14:「和解の献げ物をする義務があったのですが 今日は満願の供え物も済ませました。
15:それで、お迎えに出たのです。あなたのお顔を捜し求めて、やっと会えました。
16:寝床には敷物を敷きました エジプトの色糸で織った布を。
17:床にはミルラの香りをまきました アロエやシナモンも。
18:さあ、愛し合って楽しみ 朝まで愛を交わして満ち足りましょう。
19:夫は家にいないのです、遠くへ旅立ちました。
20:手に銀貨の袋を持って行きましたから 満月になるまでは帰らないでしょう。」
21:彼女に説き伏せられ、滑らかな唇に惑わされて
22:たちまち、彼は女に従った。まるで、屠り場に行く雄牛だ。足に輪をつけられ、無知な者への教訓となって。
23:やがて、矢が肝臓を貫くであろう。彼は罠にかかる鳥よりもたやすく 自分の欲望の罠にかかったことを知らない。
24:それゆえ、子らよ、わたしに聞き従い わたしの口の言葉に耳を傾けよ。
25:あなたの心を彼女への道に通わすな。彼女の道に迷い込むな。
26:彼女は数多くの男を傷つけ倒し 殺された男の数はおびただしい。
27:彼女の家は陰府への道、死の部屋へ下る。

箴言8章

1:知恵が呼びかけ 英知が声をあげているではないか。
2:高い所に登り、道のほとり、四つ角に立ち
3:城門の傍ら、町の入り口 城門の通路で呼ばわっている。
4:「人よ あなたたちに向かってわたしは呼びかける。人の子らに向かってわたしは声をあげる。
5:浅はかな者は熟慮することを覚え 愚か者は反省することを覚えよ。
6:聞け、わたしは指導者として語る。わたしは唇を開き、公平について述べ
7:わたしの口はまことを唱える。わたしの唇は背信を忌むべきこととし
8:わたしの口の言葉はすべて正しく よこしまなことも曲がったことも含んでいない。
9:理解力のある人には それがすべて正しいと分かる。知識に到達した人には それがすべてまっすぐであると分かる。
10:銀よりもむしろ、わたしの諭しを受け入れ 精選された金よりも、知識を受け入れよ。
11:知恵は真珠にまさり どのような財宝も比べることはできない。
12:わたしは知恵。熟慮と共に住まい 知識と慎重さを備えている。
13:主を畏れることは、悪を憎むこと。傲慢、驕り、悪の道 暴言をはく口を、わたしは憎む。
14:わたしは勧告し、成功させる。わたしは見分ける力であり、威力をもつ。
15:わたしによって王は君臨し 支配者は正しい掟を定める。
16:君侯、自由人、正しい裁きを行う人は皆 わたしによって治める。
17:わたしを愛する人をわたしも愛し わたしを捜し求める人はわたしを見いだす。
18:わたしのもとには富と名誉があり すぐれた財産と慈善もある。
19:わたしの与える実りは どのような金、純金にもまさり わたしのもたらす収穫は 精選された銀にまさる。
20:慈善の道をわたしは歩き 正義の道をわたしは進む。
21:わたしを愛する人は嗣業を得る。わたしは彼らの倉を満たす。
22:主は、その道の初めにわたしを造られた。いにしえの御業になお、先立って。
23:永遠の昔、わたしは祝別されていた。太初、大地に先立って。
24:わたしは生み出されていた 深淵も水のみなぎる源も、まだ存在しないとき。
25:山々の基も据えられてはおらず、丘もなかったが わたしは生み出されていた。
26:大地も野も、地上の最初の塵も まだ造られていなかった。
27:わたしはそこにいた 主が天をその位置に備え 深淵の面に輪を描いて境界とされたとき
28:主が上から雲に力をもたせ 深淵の源に勢いを与えられたとき
29:この原始の海に境界を定め 水が岸を越えないようにし 大地の基を定められたとき。
30:御もとにあって、わたしは巧みな者となり 日々、主を楽しませる者となって 絶えず主の御前で楽を奏し
31:主の造られたこの地上の人々と共に楽を奏し 人の子らと共に楽しむ。
32:さて、子らよ、わたしに聞き従え。わたしの道を守る者は、いかに幸いなことか。
33:諭しに聞き従って知恵を得よ。なおざりにしてはならない。
34:わたしに聞き従う者、日々、わたしの扉をうかがい 戸口の柱を見守る者は、いかに幸いなことか。
35:わたしを見いだす者は命を見いだし 主に喜び迎えていただくことができる。
36:わたしを見失う者は魂をそこなう。わたしを憎む者は死を愛する者。」

箴言9章

1:知恵は家を建て、七本の柱を刻んで立てた。
2:獣を屠り、酒を調合し、食卓を整え
3:はしためを町の高い所に遣わして 呼びかけさせた。
4:「浅はかな者はだれでも立ち寄るがよい。」意志の弱い者にはこう言った。
5:「わたしのパンを食べ わたしが調合した酒を飲むがよい
6:浅はかさを捨て、命を得るために 分別の道を進むために。」
7:不遜な者を諭しても侮られるだけだ。神に逆らう者を戒めても自分が傷を負うだけだ。
8:不遜な者を叱るな、彼はあなたを憎むであろう。知恵ある人を叱れ、彼はあなたを愛するであろう。
9:知恵ある人に与えれば、彼は知恵を増す。神に従う人に知恵を与えれば、彼は説得力を増す。
10:主を畏れることは知恵の初め 聖なる方を知ることは分別の初め。
11:わたしによって、あなたの命の日々も その年月も増す。
12:あなたに知恵があるなら、それはあなたのもの。不遜であるなら、その咎は独りで負うのだ。
13:愚かさという女がいる。騒々しい女だ。浅はかさともいう。何ひとつ知らない。
14:自分の家の門口に座り込んだり 町の高い所に席を構えたりして
15:道行く人に呼びかける 自分の道をまっすぐ急ぐ人々に。
16:「浅はかな者はだれでも立ち寄るがよい。」意志の弱い者にはこう言う。
17:「盗んだ水は甘く 隠れて食べるパンはうまいものだ。」
18:そこに死霊がいることを知る者はない。彼女に招かれた者は深い陰府に落ちる。

箴言10章

1:ソロモンの格言集。知恵ある子は父の喜び、愚かな子は母の嘆き。
2:不正による富は頼りにならない。慈善は死から救う。
3:主は従う人を飢えさせられることはない。逆らう者の欲望は退けられる。
4:手のひらに欺きがあれば貧乏になる。勤勉な人の手は富をもたらす。
5:夏のうちに集めるのは成功をもたらす子。刈り入れ時に眠るのは恥をもたらす子。
6:神に従う人は頭に祝福を受ける。神に逆らう者は口に不法を隠す。
7:神に従う人の名は祝福され 神に逆らう者の名は朽ちる。
8:知恵ある心は戒めを受け入れ 無知な唇は滅びに落とされる。
9:完全な道を歩む人は安らかに歩む。道を曲げれば知られずには済まない。
10:嘲りのまなざしは人を苦しめる。無知な唇は滅びに落とされる。
11:神に従う人の口は命の源 神に逆らう者の口は不法を隠す。
12:憎しみはいさかいを引き起こす。愛はすべての罪を覆う。
13:聡明な唇には知恵がある。意志の弱い者の背には杖。
14:知恵ある人は知識を隠す。無知な者の口には破滅が近い。
15:金持ちの財産は彼の砦 弱い人の貧乏は破滅。
16:神に従う人の収入は生活を支えるため 神に逆らう者の稼ぎは罪のため。
17:諭しを守る人は命の道を歩み 懲らしめを捨てる者は踏み誤る。
18:うそを言う唇は憎しみを隠している。愚か者は悪口を言う。
19:口数が多ければ罪は避けえない。唇を制すれば成功する。
20:神に従う人の舌は精選された銀。神に逆らう者の心は無に等しい。
21:神に従う人の唇は多くの人を養う。無知な者は意志が弱くて死ぬ。
22:人間を豊かにするのは主の祝福である。人間が苦労しても何も加えることはできない。
23:愚か者は悪だくみを楽しみ 英知ある人は知恵を楽しむ。
24:神に逆らう者は危惧する事に襲われる。神に従う人の願いはかなえられる。
25:神に逆らう者はつむじ風の過ぎるように消える。神に従う人はとこしえの礎。
26:歯に酢、目に煙、主人に怠惰な召し使い。
27:主を畏れれば長寿を得る。主に逆らう者の人生は短い。
28:神に従う人は待ち望んで喜びを得る。神に逆らう者は期待しても裏切られる。
29:主の道は、無垢な人の力 悪を行う者にとっては滅亡。
30:神に従う人はとこしえに揺らぐことなく 神に逆らう者は地に住まいを得ない。
31:神に従う人の口は知恵を生み 暴言をはく舌は断たれる。
32:神に従う人の唇は好意に親しみ 神に逆らう者の口は暴言に親しむ。

箴言11章

1:偽りの天秤を主はいとい 十全なおもり石を喜ばれる。
2:高慢には軽蔑が伴い 謙遜には知恵が伴う。
3:正しい人は自分の無垢に導かれ 裏切り者は自分の暴力に滅ぼされる。
4:怒りの日には、富は頼りにならない。慈善は死から救う。
5:無垢な人の慈善は、彼の道をまっすぐにする。神に逆らう者は、逆らいの罪によって倒される。
6:正しい人は慈善によって自分を救い 裏切り者は自分の欲望の罠にかかる。
7:神に逆らう者は力に望みをかけ、期待しても 死ねばそれも失われる。
8:神に従う人は苦難に陥っても助け出され 神に逆らう者が代わってそこに落とされる。
9:神を無視する者は口先で友人を破滅に落とす。神に従う人は知識によって助け出される。
10:神に従う人が幸いを得れば町は喜び 神に逆らう者が滅びれば歓声をあげる。
11:正しい人の祝福によって町は興り 神に逆らう者の口によって町は滅びる。
12:心ない者は友人を侮る。英知ある人は沈黙を守る。
13:悪口を言い歩く者は秘密をもらす。誠実な人は事を秘めておく。
14:指導しなければ民は滅びるが 参議が多ければ救われる。
15:他国の者の保証人となれば災難がふりかかる。手を打って誓うことを嫌えば安全だ。
16:美しい女は名誉をわがものとし 強い男は富をわがものとする。
17:慈しみ深い人は自分の魂を益し 残酷な者は自分の身に煩いを得る。
18:神に逆らう者の得る収入は欺き。慈善を蒔く人の収穫は真実。
19:慈善は命への確かな道。悪を追求する者は死に至る。
20:心の曲がった者を主はいとい 完全な道を歩む人を喜ばれる。
21:悪人は何代経ようとも罰を逃れえず 神に従う人の子孫は免れる。
22:豚が鼻に金の輪を飾っている。美しい女に知性が欠けている。
23:神に従う人の望みは常に良い。神に逆らう者の期待は怒りに終る。
24:散らしてなお、加えられる人もあり 締めすぎて欠乏する者もある。
25:気前のよい人は自分も太り 他を潤す人は自分も潤う。
26:穀物を売り惜しむ者は民の呪いを買い 供する人の頭上には祝福が与えられる。
27:善を捜し求める人は好意を尋ね求める人。悪を求める者には悪が訪れる。
28:富に依存する者は倒れる。神に従う人は木の葉のように茂る。
29:家に煩いをもたらす者は風を嗣業とする者。愚か者は知恵ある人の奴隷となる。
30:神に従う人の結ぶ実は命の木となる。知恵ある人は多くの魂をとらえる。
31:神に従う人がこの地上で報われるというなら 神に逆らう者、罪を犯す者が 報いを受けるのは当然だ。

箴言12章

1:諭しを愛する人は知識を愛する。懲らしめを憎む者は愚かだ。
2:善人は主に喜び迎えられる。悪だくみをする者は罪ありとされる。
3:神に逆らえば、固く立つことはできない。神に従う人の根は揺らぐことがない。
4:有能な妻は夫の冠。恥をもたらす妻は夫の骨の腐れ。
5:神に従う人の計らいは正義。神に逆らう者の指図は、裏切り。
6:神に逆らう者の言葉は待ち伏せて流血を犯す。正しい人の口は自分を救う。
7:神に逆らう者は覆って滅びる。神に従う人の家は耐える。
8:人は見識のゆえに賞賛される。心がいじけている者は侮られる。
9:軽蔑されていても僕を持っている方が 尊敬されていてパンを欠くよりよい。
10:神に従う人は家畜の求めるものすら知っている。神に逆らう者は同情すら残酷だ。
11:自分の土地を耕す人はパンに飽き足りる。意志の弱い者は空を追う。
12:神に逆らう貪欲は、悪人らを捕える網となる。神に従う人の根は実りを与える。
13:悪人は唇の罪の罠にかかる。神に従う人は苦難から逃れ出る。
14:口の言葉が結ぶ実によって 人は良いものに飽き足りる。人は手の働きに応じて報いられる。
15:無知な者は自分の道を正しいと見なす。知恵ある人は勧めに聞き従う。
16:無知な者は怒ってたちまち知れ渡る。思慮深い人は、軽蔑されても隠している。
17:忠実に発言する人は正しいことを述べ うそをつく証人は裏切る。
18:軽率なひと言が剣のように刺すこともある。知恵ある人の舌は癒す。
19:真実を語る唇はいつまでも確かなもの。うそをつく舌は一瞬。
20:悪を耕す者の心には裏切りがある。平和を勧める人の心には喜びがある。
21:神に従う人はどのような災難にも遭わない。神に逆らう者は災いで満たされる。
22:うそをつく唇を主はいとわれる。忠実を尽くす人を主は喜び迎えられる。
23:思慮深い人は知識を隠す。愚かな心はその無知を言いふらす。
24:勤勉な手は支配し 怠惰な手は奴隷となる。
25:心配は人をうなだれさせる。親切な言葉は人を喜ばせる。
26:神に従う人は友よりも好運である。神に逆らう者の道は人を迷わす。
27:怠惰な者は獲物を追うこともしない。勤勉な人は人類の貴い財産だ。
28:命は慈善の道にある。この道を踏む人に死はない。

箴言13章

1:子は父の諭しによって知恵を得る。不遜な者は叱責に聞き従わない。
2:口の言葉が結ぶ実によって 人は良いものを享受する。欺く者の欲望は不法に向かう。
3:自分の口を警戒する者は命を守る。いたずらに唇を開く者は滅びる。
4:怠け者は欲望をもっても何も得られず 勤勉な人は望めば豊かに満たされる。
5:神に従う人は偽りの言葉を憎む。神に逆らう者は悪臭を放ち、辱められる。
6:慈善は完全な道を歩む人を守り 神に逆らうことは罪ある者を滅ぼす。
7:富んでいると見せて、無一物の者がいる。貧乏と見せて、大きな財産を持つ者がある。
8:財産が自分の身代金になる者もある。貧しい人は叱責を聞くことはない。
9:神に従う人の光は喜ばしく輝き 神に逆らう者の灯は消される。
10:高慢にふるまえば争いになるばかりだ。勧めを受け入れる人は知恵を得る。
11:財産は吐く息よりも速く減って行くが 手をもって集めれば増やすことができる。
12:待ち続けるだけでは心が病む。かなえられた望みは命の木。
13:言葉を侮る者は滅ぼされ 戒めを敬う者は報われる。
14:賢人の教えは命の源。死の罠を避けさせる。
15:見識は優雅さを伴う。欺く者の道は手ごわい。
16:思慮深い人は皆知識に基づいてふるまう。愚か者は無知をさらけ出す。
17:神に逆らう使者は災いに遭い 忠実な使いは癒す。
18:諭しをなおざりにする者は貧乏と軽蔑に遭う。懲らしめを守れば名誉を得る。
19:欲望がかなえられれば魂は快い。愚か者は悪を避けることをいとう。
20:知恵ある者と共に歩けば知恵を得 愚か者と交われば災いに遭う。
21:災難は罪人を追う。神に従う人には良い報いがある。
22:善人は孫の代にまで嗣業を残す。罪人の富は神に従う人のために蓄えられる。
23:貧しい人の耕作地に多くの食糧が実っても 正義が行われなければ奪われる。
24:鞭を控えるものは自分の子を憎む者。子を愛する人は熱心に諭しを与える。
25:神に従う人は食べてその望みを満たす。神に逆らう者の腹は満たされることがない。

箴言14章

1:知恵ある女は家庭を築く。無知な女は自分の手でそれをこわす。
2:主を畏れる人はまっすぐ歩む。主を侮る者は道を曲げる。
3:無知な者の口には傲慢の杖。知恵ある人の唇は自分を守る。
4:牛がいなければ飼い葉桶は清潔だが 豊作をもたらすのは牛の力。
5:忠実な証人は欺かない。欺きの発言をするのはうそつきの証人。
6:不遜であれば知恵を求めても得られない。聡明であれば知識は容易に得られる。
7:愚か者の前から立ち去るがよい。彼に知識ある唇を認めることはできない。
8:思慮深い人は自分の知恵によって道を見分ける。愚か者の無知は欺く。
9:無知な者は不遜で互いをなじる。正しい人は互いに受け入れる。
10:魂の苦しみを知るのは自分の心。その喜びにも他人はあずからない。
11:神に逆らう者の家は断絶する。正しい人の天幕は繁栄する。
12:人間の前途がまっすぐなようでも 果ては死への道となることがある。
13:笑っていても心の痛むことがあり 喜びが悲しみに終ることもある。
14:二心ある者は自らの道に 善人は自らの業に飽かされる。
15:未熟な者は何事も信じこむ。熟慮ある人は行く道を見分けようとする。
16:知恵ある人は畏れによって悪を避け 愚か者は高慢で自信をもつ。
17:短気な者は愚かなことをする。陰謀家は憎まれる。
18:浅はかな者は無知を嗣業とし 熟慮ある人は知識をその冠とする。
19:神に逆らう者は神に従う人の門の前に 悪人は善人の前に、身を低くする。
20:貧乏な者は友にさえ嫌われるが 金持ちを愛する者は多い。
21:友を侮ることは罪。貧しい人を憐れむことは幸い。
22:罪を耕す者は必ず迷う。善を耕す人は慈しみとまことを得る。
23:どのような苦労にも利益がある。口先だけの言葉は欠乏をもたらす。
24:知恵ある人の冠はその富。愚か者の冠はその無知。
25:真実の証人は魂を救い 欺きの発言をする者は裏切る。
26:主を畏れれば頼るべき砦を得 子らのためには避けどころを得る。
27:主を畏れることは命の源 死の罠を避けさせる。
28:国が強大であれば王は栄光を得る。民が絶えれば君主は滅びる。
29:忍耐によって英知は加わる。短気な者はますます無知になる。
30:穏やかな心は肉体を生かし 激情は骨を腐らせる。
31:弱者を虐げる者は造り主を嘲る。造り主を尊ぶ人は乏しい人を憐れむ。
32:神に逆らう者は災いのときに退けられる。神に従う人は死のときにも避けどころを得る。
33:聡明な心では知恵は憩っているが 愚か者の中では自らを示す。
34:慈善は国を高め、罪は民の恥となる。
35:成功をもたらす僕は王に喜び迎えられ 恥をもたらす僕はその怒りを買う。

箴言15章

1:柔らかな応答は憤りを静め 傷つける言葉は怒りをあおる。
2:知恵ある人の舌は知識を明らかに示し 愚か者の口は無知を注ぎ出す。
3:どこにも主の目は注がれ 善人をも悪人をも見ておられる。
4:癒しをもたらす舌は命の木。よこしまな舌は気力を砕く。
5:無知な者は父の諭しをないがしろにする。懲らしめを守る人は賢明さを増す。
6:神に従う人の家には多くの蓄えがある。神に逆らう者は収穫のときにも煩いがある。
7:知恵ある人の唇は知識をふりまく。愚か者の心は定まらない。
8:主は逆らう者のいけにえをいとい 正しい人の祈りを喜び迎えられる。
9:主は逆らう者の道をいとい 従うことを求める人を愛される。
10:道を捨てる者は諭しを不快に思う。懲らしめを憎む者は死に至る。
11:陰府も滅びの国も主の御前にある。人の子らの心はなおのこと。
12:不遜な者は懲らしめられることを嫌い 知恵ある人のもとに行こうとしない。
13:心に喜びを抱けば顔は明るくなり 心に痛みがあれば霊は沈みこむ。
14:聡明な心は知識を求め 愚か者の口は無知を友とする。
15:貧しい人の一生は災いが多いが 心が朗らかなら、常に宴会にひとしい。
16:財宝を多く持って恐怖のうちにあるよりは 乏しくても主を畏れる方がよい。
17:肥えた牛を食べて憎み合うよりは 青菜の食事で愛し合う方がよい。
18:激しやすい人はいさかいを引き起こし 忍耐深い人は争いを鎮める。
19:怠け者の道は茨にふさがれる。正しい人の道は開かれている。
20:知恵ある子は父を喜ばせ 愚か者は母を侮る。
21:意志の弱い者には無知が喜びとなる。英知ある人は歩みを正す。
22:相談しなければどんな計画も挫折する。参議が多ければ実現する。
23:正しく答える人には喜びがある。時宜にかなった言葉はいかに良いものか。
24:目覚めている人には上への道があり 下の陰府を避けさせる。
25:主は傲慢な者の家を根こそぎにし やもめの地境を固めてくださる。
26:悪意を主はいとい、親切な言葉を清いとされる。
27:奪い取る者の家には煩いが多い。賄賂を憎む者は命を得る。
28:神に従う心は思いめぐらして応答し 神に逆らう口は災いを吐く。
29:主は逆らう者に遠くいますが 従う者の祈りを聞いてくださる。
30:目に光を与えるものは心をも喜ばせ 良い知らせは骨を潤す。
31:命を与える懲らしめに聞き従う耳は 知恵ある人の中に宿る。
32:諭しをなおざりにする者は魂を無視する者。懲らしめに聞き従う人は心を得る。
33:主を畏れることは諭しと知恵。名誉に先立つのは謙遜。

箴言16章

1:人間は心構えをする。主が舌に答えるべきことを与えてくださる。
2:人間の道は自分の目に清く見えるが 主はその精神を調べられる。
3:あなたの業を主にゆだねれば 計らうことは固く立つ。
4:主は御旨にそってすべての事をされる。逆らう者をも災いの日のために造られる。
5:すべて高慢な心を主はいとわれる。子孫は罪なしとされることはない。
6:慈しみとまことは罪を贖う。主を畏れれば悪を避けることができる。
7:主に喜ばれる道を歩む人を 主は敵と和解させてくださる。
8:稼ぎが多くても正義に反するよりは 僅かなもので恵みの業をする方が幸い。
9:人間の心は自分の道を計画する。主が一歩一歩を備えてくださる。
10:王の唇には魔力がある。彼の口が裁きにおいて誤ることはない。
11:公正な天秤、公正な秤は主のもの。袋のおもり石も主の造られたもの。
12:神に逆らうことを王はいとわなければならない。神に従えば王座は堅く立つ。
13:正しいことを語る唇を王は喜び迎え 正直に語る人を愛する。
14:王の怒りは死の使い。それをなだめるのは知恵ある人。
15:王の顔の輝きは命を与える。彼の好意は春の雨をもたらす雲。
16:知恵を得ることは金にまさり 分別を得ることは銀よりも望ましい。
17:正しい人の道は悪を避けて通っている。魂を守る者はその道を守る。
18:痛手に先立つのは驕り。つまずきに先立つのは高慢な霊。
19:貧しい人と共に心を低くしている方が 傲慢な者と分捕り物を分け合うよりよい。
20:何事にも目覚めている人は恵みを得る。主に依り頼むことが彼の幸い。
21:心に知恵ある人は聡明な人と呼ばれる。優しく語る唇は説得力を増す。
22:見識ある人にはその見識が命の泉となる。無知な者には無知が諭しとなる。
23:知恵ある心は口の言葉を成功させ その唇に説得力を加える。
24:親切な言葉は蜜の滴り。魂に甘く、骨を癒す。
25:人間の前途がまっすぐなようでも 果ては死への道となることがある。
26:労苦する者を労苦させるのは欲望だ。口が彼を駆り立てる。
27:ならず者は災いの炉、その唇には燃えさかる火。
28:暴言をはく者はいさかいを起こさせる。陰口は友情を裂く。
29:不法を行う者はその友を惑わして 良くない道を行かせる。
30:人は目を閉じて暴言を考え出し 悪を果たして口をすぼめる。
31:白髪は輝く冠、神に従う道に見いだされる。
32:忍耐は力の強さにまさる。自制の力は町を占領するにまさる。
33:くじは膝の上に投げるが ふさわしい定めはすべて主から与えられる。

箴言17章

1:乾いたパンの一片しかなくとも平安があれば いけにえの肉で家を満たして争うよりよい。
2:成功をもたらす僕は恥をもたらす息子を支配し その兄弟と共に嗣業の分配にあずかる。
3:銀にはるつぼ、金には炉、心を試すのは主。
4:悪事をはたらく者は悪の唇に耳を傾け 偽る者は滅亡の舌に耳を向ける。
5:貧しい人を嘲る者は造り主をみくびる者。災いのときに喜ぶ者は赦されない。
6:孫は老人の冠、子らは父の輝き。
7:高尚な唇は神を知らぬ者にふさわしくない。うそをつく唇は高貴な者に一層ふさわしくない。
8:賄賂は贈り主にとって美しい宝石。贈ればどこであろうと成功する。
9:愛を求める人は罪を覆う。前言を翻す者は友情を裂く。
10:理解力ある人を一度叱責する方が 愚か者を百度打つよりも効き目がある。
11:悪人は逆らうことのみ求める。彼には仮借ない使者が送られるであろう。
12:子を奪われた熊に遭う方が 愚か者の無知に会うよりましだ。
13:悪をもって善に報いるなら 家から災難は絶えない。
14:いさかいの始めは水の漏り始め。裁判沙汰にならぬうちにやめておくがよい。
15:悪い者を正しいとすることも 正しい人を悪いとすることも ともに、主のいとわれることである。
16:愚か者が代金を手にしているのは何のためか。知恵を買おうにも、心がないではないか。
17:どのようなときにも、友を愛すれば 苦難のときの兄弟が生まれる。
18:意志の弱い者は手を打って誓い その友のために証人となる。
19:罪を愛する者は争いを愛する。戸口を高く開く者は破れを招く。
20:心の曲がった者は幸いを受けない。舌をもって欺く者は災難に陥る。
21:愚か者を生めば悲しみがあり 神を知らない者の父に喜びはない。
22:喜びを抱く心はからだを養うが 霊が沈みこんでいると骨まで枯れる。
23:神に逆らう者は人のふところから賄賂を取り 裁きの道を曲げる。
24:分別のある人は顔を知恵に向け 愚か者は目を地の果てに向ける。
25:愚かな息子は父の悩みとなり 産んだ母の苦しみとなる。
26:神に従う人に罰を科したり 高貴な人をその正しさのゆえに打つのは いずれも良いことではない。
27:口数を制する人は知識をわきまえた人。冷静な人には英知がある。
28:無知な者も黙っていれば知恵があると思われ 唇を閉じれば聡明だと思われる。

箴言18章

1:離反する者は自分の欲望のみ追求する者。その事は、どんなに巧みにやってもすぐ知れる。
2:愚か者は英知を喜ばず 自分の心をさらけ出すことを喜ぶ。
3:神に逆らうことには侮りが伴い 軽蔑と共に恥辱が来る。
4:人の口の言葉は深い水。知恵の源から大河のように流れ出る。
5:神に従う人を裁きの座で押しのけ 神に逆らう人をひいきするのは良くない。
6:愚か者の唇は争いをもたらし、口は殴打を招く。
7:愚か者の口は破滅を 唇は罠を自分の魂にもたらす。
8:陰口は食べ物のように呑み込まれ 腹の隅々に下って行く。
9:仕事に手抜きする者は それを破壊する者の兄弟だ。
10:主の御名は力の塔。神に従う人はそこに走り寄り、高く上げられる。
11:財産は金持ちの砦、自分の彫像のそびえる城壁。
12:破滅に先立つのは心の驕り。名誉に先立つのは謙遜。
13:聞き従う前に口答えをする者 無知と恥は彼のため。
14:人の霊は病にも耐える力があるが 沈みこんだ霊を誰が支えることができよう。
15:聡明な心は知識を獲得する。知恵ある耳は知識を追求する。
16:贈り物をすれば人の前途は開け えらい人の前に彼を導く。
17:訴えごとを最初に出す人は正しく見えるが 相手方が登場すれば問いただされるであろう。
18:くじはいさかいを鎮め 手ごわい者どうしも引き分ける。
19:一度背かれれば、兄弟は砦のように いさかいをすれば、城のかんぬきのようになる。
20:人は口の結ぶ実によって腹を満たし 唇のもたらすものによって飽き足りる。
21:死も生も舌の力に支配される。舌を愛する者はその実りを食らう。
22:妻を得るものは恵みを得る。主に喜び迎えられる。
23:物乞いをする者は哀願し 金持ちは横柄に答える。
24:友の振りをする友もあり 兄弟よりも愛し、親密になる人もある。

箴言19章

1:貧乏でも、完全な道を歩む人は 唇の曲がった愚か者よりも幸いだ。
2:知識がなければ欲しても不毛だ。あまり足を急がせると過ちを犯す。
3:人は無知によって自分の道を滅ぼす。しかも主に対して心に憤りをもつ。
4:財産は友の数を増す。弱者は友から引き離される。
5:うそをつく証人は罰を免れることはない。欺きの発言をすれば逃げおおせることはない。
6:高貴な人の好意を求める者は多い。贈り物をする人にはだれでも友になる。
7:実の兄弟も皆、貧しい人を憎む。友達ならなお、彼を遠ざかる。彼らは言っていることを実行しようとはしない。
8:心を得た人は自分の魂を愛する。英知を守る人は幸いを見いだす。
9:うそをつく証人は罰を免れることはない。欺きの発言をする者は滅びる。
10:愚か者に快楽はふさわしくない。奴隷が君主を支配するのは、なおふさわしくない。
11:成功する人は忍耐する人。背きを赦すことは人に輝きをそえる。
12:王の憤りは若獅子のうなり声。王の好意は青草におく露。
13:愚かな息子は父の破滅。いさかい好きな妻は滴り続けるしずく。
14:家と財産は先祖からの嗣業。賢い妻は主からいただくもの。
15:怠惰は人を深い眠りに落とす。怠けていれば飢える。
16:戒めを守る人は魂を守る。自分の道を侮る者は死ぬ。
17:弱者を憐れむ人は主に貸す人。その行いは必ず報いられる。
18:望みのあるうちに息子を諭せ。死なせることを目指してはならない。
19:激しく憤る者は罰を受ける。救おうとしても、あおるだけだ。
20:勧めに聞き従い、諭しを受け入れよ。将来、知恵を得ることのできるように。
21:人の心には多くの計らいがある。主の御旨のみが実現する。
22:欲望は人に恥をもたらす。貧しい人は欺く者より幸い。
23:主を畏れれば命を得る。満ち足りて眠りにつき 災難に襲われることはない。
24:怠け者は鉢に手を突っ込むが 口にその手を返すことすらしない。
25:不遜な者を打てば、浅はかな者は熟慮を得る。聡明な人を懲らしめれば、知恵を見分ける。
26:父に暴力を振るい、母を追い出す者は 辱めと嘲りをもたらす子。
27:わが子よ、諭しに聞き従うことをやめるなら 知識の言葉からたちまち迷い出るであろう。
28:ならず者の証人は裁きを侮辱し 神に逆らう者の口は悪を呑み込む。
29:不遜な者に対しては罰が準備され 愚か者の背には鞭打ちが待っている。

箴言20章

1:酒は不遜、強い酒は騒ぎ。酔う者が知恵を得ることはない。
2:王の脅威は若獅子のうなり声 彼を怒らせる者は自分を危険にさらす。
3:争いにかかわらないのは立派なことだ。無知な者は皆、争いを引き起こす。
4:怠け者は冬になっても耕さず 刈り入れ時に求めるが何もない。
5:思い計らいは人の心の中の深い水。英知ある人はそれをくみ出す。
6:親友と呼ぶ相手は多いが 信用できる相手を誰が見いだせよう。
7:主に従う人は完全な道を歩む。彼を継ぐ子らは幸い。
8:裁きの座に就いている王は その目でどのような悪をもふるい分ける。
9:わたしの心を潔白にした、と誰が言えようか。罪から清めた、と誰が言えようか。
10:おもり石の使い分け、升の使い分け いずれも主の憎まれること。
11:子供も、行いが清く正しいかどうか 行動によって示す。
12:聞く耳、見る目、主がこの両方を造られた。
13:眠りを愛するな、貧しくならぬために。目を見開いていれば、パンに飽き足りる。
14:「悪い、悪い」と買い手は言うが そこを去ると、自慢する。
15:金もあり、珠玉も多い。しかし、貴いものは知識ある唇。
16:他国の者を保証する人からは着物を預かれ。他国の女を保証する人からは抵当を取れ。
17:欺き取ったパンはうまいが 後になって口は砂利で満たされる。
18:計画は助言を得て立てよ 戦争は指揮力を整えて始めよ。
19:秘密をばらす者、中傷し歩く者 軽々しく唇を開く者とは、交わるな。
20:父母を呪う者 彼の灯は闇のただ中で消える。
21:初めに嗣業をむさぼっても 後にはそれは祝福されない。
22:悪に報いたい、と言ってはならない。主に望みをおけ、主があなたを救ってくださる。
23:おもり石を使い分けることは主にいとわれる。天秤をもって欺くのは正しくない。
24:人の一歩一歩を定めるのは主である。人は自らの道について何を理解していようか。
25:聖別されたものとしよう、と軽々しく言い 後にその誓いを思い直せば罠となる。
26:賢い王は神に逆らう者を選び出し 彼らの上に車輪を引き回す。
27:主の灯は人間の吸い込む息。腹の隅々まで探る。
28:慈しみとまことは王を守る。王座は慈しみによって保たれる。
29:力は若者の栄光。白髪は老人の尊厳。
30:打って傷を与えれば悪をたしなめる。腹の隅々にとどくように打て。

箴言21章

1:主の御手にあって王の心は水路のよう。主は御旨のままにその方向を定められる。
2:人間の道は自分の目に正しく見える。主は心の中を測られる。
3:神に従い正義を行うことは いけにえをささげるよりも主に喜ばれる。
4:高慢なまなざし、傲慢な心は 神に逆らう者の灯、罪。
5:勤勉な人はよく計画して利益を得 あわてて事を行う者は欠損をまねく。
6:うそをつく舌によって財宝を積む者は 吹き払われる息、死を求める者。
7:神に逆らう者は自分の暴力に引きずられて行く。正義を行うことを拒んだからだ。
8:歩む道が曲がったりそれたりしていても 清く正しい行いをする人がある。
9:いさかい好きな妻と一緒に家にいるよりは 屋根の片隅に座っている方がよい。
10:神に逆らう者の欲望は悪に注がれ その目は隣人をも憐れまない。
11:不遜な者を罰すれば、浅はかな者は知恵を得る。知恵ある人を目覚めさせるなら 彼は知識を得る。
12:神に従う人は逆らう者の家を識別し 神に逆らう者を災いに落とす。
13:弱い人の叫びに耳を閉ざす者は 自分が呼び求める時が来ても答えは得られない。
14:ひそかに贈り物をしておけば怒りはなだめられ 賄賂をふところに入れてやれば激怒も静まる。
15:裁きを行うことは、神に従う人には喜び 悪を行う者には滅び。
16:目覚めへの道から迷い出た者は死霊の集いに入る。
17:快楽を愛する者は欠乏に陥り 酒と香油を愛する者は富むことがない。
18:神に逆らう者は神に従う人の代償とされ 欺く者は正しい人の身代金にされる。
19:いさかい好きで怒りっぽい妻といるよりは 荒れ野に座っている方がよい。
20:知恵ある人の住まいには望ましい宝と香油がある。愚か者はそれを呑み尽くす。
21:恵みと慈しみを追い求める人は 命と恵みと名誉を得る。
22:知恵ある人はひとりで勇士たちの町に上り その頼みとする砦を落とすこともできる。
23:自分の口と舌を守る人は 苦難から自分の魂を守る。
24:増長し、高慢な者、その名は不遜。高慢のかぎりを尽くす。
25:怠け者は自分の欲望に殺される。彼の手が働くことを拒むからだ。
26:欲望は絶えることなく欲し続ける。神に従う人は与え、惜しむことはない。
27:神に逆らう者のいけにえは忌むべきものだ。悪だくみがあってささげるのだから。
28:欺いて語る証人は滅びる。聞き従う人の言葉はとこしえに堪える。
29:神に逆らう者は厚かましく事を行う。正しい人は自分の道を整える。
30:どのような知恵も、どのような英知も、勧めも 主の御前には無に等しい。
31:戦いの日のために馬が備えられるが 救いは主による。

箴言22章

1:名誉は多くの富よりも望ましく 品位は金銀にまさる。
2:金持ちと貧乏な人が出会う。主はそのどちらも造られた。
3:思慮深い人は災難が来ると見れば身を隠す。浅はかな者は通り抜けようとして痛い目に遭う。
4:主を畏れて身を低くすれば 富も名誉も命も従って来る。
5:曲がった道には茨と罠。そこから遠ざかる人は自分の魂を守る。
6:若者を歩むべき道の初めに教育せよ。年老いてもそこからそれることがないであろう。
7:金持ちが貧乏な者を支配する。借りる者は貸す者の奴隷となる。
8:悪を蒔く者は災いを刈り入れる。鞭は傲慢を断つ。
9:寛大な人は祝福を受ける 自分のパンをさいて弱い人に与えるから。
10:不遜な者を追い出せば、いさかいも去る。争いも嘲笑もやむ。
11:清い心を愛する人は唇に品位があり 王がその友となる。
12:主の目は知識を守り、欺きの言葉を滅ぼす。
13:怠け者は言う。「外には獅子がいる。町に出ればわたしは殺される。」
14:よその女の口は深い墓穴 主の憤りにふれた者はそこに陥る。
15:若者の心には無知がつきもの。これを遠ざけるのは諭しの鞭。
16:弱者を搾取して自分を富ませたり 金持ちに贈り物をしたりすれば、欠乏に陥る。
17:耳を傾けて賢人たちの言葉を聞け。わたしの知識に心を向けよ。
18:それをあなたの腹に納め ひとつ残らず唇に備えておけば喜びを得る。
19:あなたが主に信頼する者となるように 今日、あなたに教えを与えよう。
20:わたしの意見と知識に従って三十句 あなたのために書きつけようではないか。
21:真理とまことの言葉をあなたに知らせるために まことの言葉をあなたの使者に持ち帰らせよう。
22:弱い人を搾取するな、弱いのをよいことにして。貧しい人を城門で踏みにじってはならない。
23:主は彼らに代わって争い 彼らの命を奪う者の命を、奪われるであろう。
24:怒りやすい者の友になるな。激しやすい者と交わるな。
25:彼らの道に親しんで あなたの魂を罠に落としてはならない。
26:手を打って誓うな、負債の保証をするな。
27:償うための物があなたになければ 敷いている寝床まで取り上げられるであろう。
28:昔からの地境を移してはならない 先祖の定めたものなのだから。
29:技に熟練している人を観察せよ。彼は王侯に仕え 怪しげな者に仕えることはない。

箴言23章

1:支配者と共に食卓に着いたなら 何に直面しているのかをよく理解せよ。
2:あなたが食欲おうせいな人間なら 自分の喉にナイフを突きつけたも同じだ。
3:供される珍味をむさぼるな、それは欺きのパンだ。
4:富を得ようとして労するな 分別をもって、やめておくがよい。
5:目をそらすや否や、富は消え去る。鷲のように翼を生やして、天に飛び去る。
6:強欲な者のパンを食べようとするな。供される珍味をむさぼるな。
7:彼はその欲望が示すとおりの人間だ。「食べるがよい、飲むがよい」と言っても 心はあなたを思ってはいない。
8:あなたは食べたものを吐き出すことになり あなたが親切に言ったことも台無しになる。
9:愚か者の耳に語りかけるな あなたの見識ある言葉を侮るだけだから。
10:昔からの地境を移してはならない。みなしごの畑を侵してはならない。
11:彼らを贖う神は強く 彼らに代わってあなたと争われるであろう。
12:あなたの心を諭しの言葉に 耳を知識の言葉に傾けよ。
13:若者を諭すのを控えてはならない。鞭打っても、死ぬことはない。
14:鞭打てば、彼の魂を陰府から救うことになる。
15:わが子よ、あなたの心が知恵を得れば わたしの心は喜び祝う。
16:あなたの唇が公正に語れば わたしのはらわたは喜び躍る。
17:罪人らのことに心を燃やすことはない 日ごと、主を畏れることに心を燃やすがよい。
18:確かに未来はある あなたの希望が断たれることはない。
19:わが子よ、聞き従って知恵を得よ。あなたの心が道をまっすぐに進むようにせよ。
20:大酒を飲むな、身を持ち崩すな。
21:大酒を飲み、身を持ち崩す者は貧乏になり 惰眠をむさぼる者はぼろをまとう。
22:父に聞き従え、生みの親である父に。母が年老いても侮ってはならない。
23:真理を得よ、知恵も諭しも分別も手放すな。
24:神に従う人の父は大いに喜び躍り 知恵ある人の親は、その子によって楽しみを得る。
25:父が楽しみを得 あなたを生んだ母が喜び躍るようにせよ。
26:わが子よ、あなたの心をわたしにゆだねよ。喜んでわたしの道に目を向けよ。
27:遊女は深い墓穴、異邦の女は狭い井戸だ。
28:彼女は盗人のように待ち伏せし 繰り返し男たちを欺く。
29:不幸な者は誰か、嘆かわしい者は誰か いさかいの絶えぬ者は誰か、愚痴を言う者は誰か 理由なく傷だらけになっているのは誰か 濁った目をしているのは誰か。
30:それは、酒を飲んで夜更かしする者。混ぜ合わせた酒に深入りする者。
31:酒を見つめるな。酒は赤く杯の中で輝き、滑らかに喉を下るが
32:後になると、それは蛇のようにかみ 蝮の毒のように広がる。
33:目は異様なものを見 心に暴言をはき始める。
34:海の真ん中に横たわっているかのように 綱の端にぶら下がっているかのようになる。
35:「打たれたが痛くもない。たたかれたが感じもしない。酔いが醒めたらまたもっと酒を求めよう。」

箴言24章

1:悪者のことに心を燃やすな 彼らと共にいることを望むな。
2:悪者が心に思いめぐらすのは暴力。唇が語るのは労苦を引き起こすこと。
3:家は知恵によって築かれ、英知によって固く立つ。
4:知識は部屋を満たし、貴く喜ばしい財産となる。
5:知恵ある男は勇敢にふるまい 知識ある男は力を発揮する。
6:戦争には指揮する力が必要であり 勝利を得るためには作戦を練るべきだ。
7:無知な者に知恵は高尚すぎる。城門で口を開くべきではない。
8:悪意ある考えを持つ者は陰謀家と呼ばれる。
9:無知の謀は過ちとされる。不遜な態度は人に憎まれる。
10:苦難の襲うとき気力を失い、力を出し惜しみ
11:死に捕えられた人を救い出さず 殺されそうになっている人を助けず
12:「できなかったのだ」などと言っても 心を調べる方は見抜いておられる。魂を見守る方はご存じだ。人の行いに応じて報いを返される。
13:わが子よ、蜜を食べてみよ、それは美味だ。滴る蜜は口に甘い。
14:そのように、魂にとって知恵は美味だと知れ。それを見いだすなら、確かに未来はある。あなたの希望が断たれることはない。
15:神に逆らう者よ、神に従う人の住みかを狙うな。その憩いの場で暴力を振るうな。
16:神に従う人は七度倒れても起き上がる。神に逆らう者は災難に遭えばつまずく。
17:敵が倒れても喜んではならない。彼がつまずいても心を躍らせるな。
18:主がそういうあなたを見て不快とされるなら 彼への怒りを翻されるであろう。
19:悪事を働く者に怒りを覚えたり 主に逆らう者のことに心を燃やすことはない。
20:悪者には未来はない。主に逆らう者の灯は消える。
21:わが子よ、主を、そして王を、畏れよ。変化を求める者らと関係を持つな。
22:突然、彼らの不幸は始まる。この両者が下す災難を誰が知りえよう。
23:これらもまた、賢人の言葉である。裁判でえこひいきをするのは良くない。
24:罪ある者を正しいと宣言するなら すべての民に呪われ、すべての国にののしられる。
25:罪ある者を懲らしめる人は喜ばれる。恵みと祝福がその上にある。
26:正しい答えをする人は、くちづけをする人。
27:外ではあなたの仕事を準備し、畑を整え それから、家を築くがよい。
28:いいかげんに友人の証人となってはならない。自分の唇で惑わされたいのか。
29:「人がわたしにするように わたしもその人に対してしよう。それぞれの行いに応じて報いよう」とは あなたの言うべきことではない。
30:怠け者の畑の傍らを 意志の弱い者のぶどう畑の傍らを、通ってみた。
31:見よ、いらくさが一面に茂り あざみが覆い尽くし、石垣は崩れていた。
32:わたしはそれに心を向け、観察した。それを見て、諭しを得た。
33:「しばらく眠り、しばらくまどろみ 手をこまぬいて、またしばらく横になる。
34:貧乏は盗賊のように 欠乏は盾を取る者のように襲う。」

箴言25章

1:これらもまた、ソロモンの箴言である。ユダの王ヒゼキヤのもとにある人々が筆写した。
2:ことを隠すのは神の誉れ ことを極めるのは王の誉れ。
3:天の高さと地の深さ、そして王の心の極め難さ。
4:銀から不純物を除け。そうすれば細工人は器を作ることができる。
5:王の前から逆らう者を除け。そうすれば王位は正しく継承される。
6:王の前でうぬぼれるな。身分の高い人々の場に立とうとするな。
7:高貴な人の前で下座に落とされるよりも 上座に着くようにと言われる方がよい。何ごとかを目にしても
8:性急に争いの場に引き出そうとするな。そのため友人に嘲られることになったら 将来どうするつもりか。
9:自分のことについて友人と言い争うのはよいが 他人の秘密を漏らしてはならない。
10:それを聞いた人があなたを恥に落とし あなたの悪評は去らないであろう。
11:時宜にかなって語られる言葉は 銀細工に付けられた金のりんご。
12:聞き分ける耳に与えられる賢い懲らしめは 金の輪、純金の飾り。
13:忠実な使者は遣わす人にとって 刈り入れの日の冷たい雪。主人の魂を生き返らせる。
14:雨雲が垂れこめ風が吹くのに雨が降らない。与えもしない贈り物について吹聴する人。
15:忍耐強く対すれば隊長も誘いに応じる。穏やかに語る舌は骨をも砕く。
16:蜂蜜を見つけたら欲しいだけ食べるがよい。しかし食べ過ぎて吐き出すことにならぬように。
17:友人の家に足を運ぶのはまれにせよ 飽きられ、嫌われることのないように。
18:こん棒、剣、鋭い矢 友人に対して偽証を立てる者。
19:悪い歯、よろめく足 苦難の襲うとき、欺く者を頼りにすること。
20:寒い日に衣を脱がせる者 ソーダの上に酢を注ぐ者 苦しむ心に向かって歌をうたう者。
21:あなたを憎む者が飢えているならパンを与えよ。渇いているなら水を飲ませよ。
22:こうしてあなたは炭火を彼の頭に積む。そして主があなたに報いられる。
23:北風は雨をもたらし 陰口をたたく舌は憤りの表情をもたらす。
24:いさかいの好きな妻と一緒に家にいるよりは 屋根の片隅に座っている方がよい。
25:渇いた喉に冷たい水、遠い地からの良い便り。
26:泉が踏み汚され、水源が荒らされる。神に従う人が神に逆らう者の前によろめく。
27:蜂蜜を食べ過ぎればうまさは失われる。名誉を追い求めれば名誉は失われる。
28:侵略されて城壁の滅びた町。自分の霊を制しえない人。

箴言26章

1:夏の雪、刈り入れ時の雨のように 愚か者に名誉はふさわしくない。
2:鳥は渡って行くもの、つばめは飛び去るもの。理由のない呪いが襲うことはない。
3:馬に鞭、ろばにくつわ 愚か者の背には杖。
4:愚か者にはその無知にふさわしい答えをするな あなたが彼に似た者とならぬために。
5:愚か者にはその無知にふさわしい答えをせよ。彼が自分を賢者だと思い込まぬために。
6:愚か者に物事を託して送る者は 足を切られ、不法を呑み込まされる。
7:愚か者の口にすることわざは 歩けない人の弱い足。
8:愚か者に名誉を与えるのは 石投げ紐に石を袋ごとつがえるようなものだ。
9:愚か者の口にすることわざは 酔っぱらいの手に刺さるとげ。
10:愚か者を雇い、通りすがりの人を雇うのは 射手が何でもかまわず射抜くようなものだ。
11:犬が自分の吐いたものに戻るように 愚か者は自分の愚かさを繰り返す。
12:自分を賢者と思い込んでいる者を見たか。彼よりは愚か者の方がまだ希望が持てる。
13:怠け者は言う 「道に獅子が、広場に雄獅子が」と。
14:扉はちょうつがいに乗って回転する。怠け者は寝床の上で寝返りを打つ。
15:怠け者は鉢に手を突っ込むが 口にその手を返すことをおっくうがる。
16:怠け者は自分を賢者だと思い込む 聡明な答えのできる人七人にもまさって。
17:通行人が自分に関係のない争いに興奮するのは 犬の耳をつかむようなものだ。
18:分別を失った者が、火矢を、死の矢を射る。
19:友人を欺く者はそれに等しい。しかも、「ふざけただけではないか」と言う。
20:木がなければ火は消える。陰口を言う者が消えればいさかいは鎮まる。
21:炎には炭、火には木 争いを燃え上がらせるのはいさかい好きな者。
22:陰口は食べ物のように呑み込まれ 腹の隅々に下って行く。
23:唇は燃えていても心に悪意を抱いている者は 混じりもののある銀で覆った土器のよう。
24:唇をよそおっていても憎悪を抱いている者は 腹に欺きを蔵している。
25:上品な声を出すからといって信用するな 心には七つの忌むべきことを持っている。
26:憎しみはごまかし隠しても その悪は会衆の中で露見する。
27:穴を掘る者は自分がそこに落ち 石を転がせばその石は自分に返ってくる。
28:うそをつく舌は憎んで人を砕き 滑らかな舌はつまずきを作る。

箴言27章

1:明日のことを誇るな。一日のうちに何が生まれるか知らないのだから。
2:自分の口で自分をほめず、他人にほめてもらえ。自分の唇でではなく、異邦人にほめてもらえ。
3:石は重く、砂も目方がかかる。無知な者が不機嫌なのはどちらよりも重い。
4:憤りは残忍、怒りは洪水。ねたみの前に誰が耐ええようか。
5:あらわな戒めは、隠された愛にまさる。
6:愛する人の与える傷は忠実さのしるし 憎む人は数多くの接吻を与える。
7:飽き足りている人は蜂の巣の滴りも踏みつける。飢えている人には苦いものも甘い。
8:鳥が巣から飛び去るように 人もその置かれたところから移って行く。
9:香油も香りも心を楽しませる。友人の優しさは自分の考えにまさる。
10:あなたの友人、父の友人を捨てるな。災いの日に、あなたの兄弟の家には行くな。近い隣人は遠い兄弟にまさる。
11:わが子よ、知恵を得てわたしの心を楽しませよ。そうすれば わたしを嘲る者に言葉を返すことができる。
12:思慮深い人は災難が来ると見れば身を隠す。浅はかな者は通り抜けようとして痛い目に遭う。
13:他国の者を保証する人からは着物を預かれ。他国の女を保証する人からは抵当を取れ。
14:友人への祝福も、早朝に大声でするなら それは呪いと見なされる。
15:降りしきる雨の日に滴り続けるしずくと いさかい好きな妻は似ている。
16:彼女を制する者は風をも制する。彼は香油をその右の手の力と呼ぶ。
17:鉄は鉄をもって研磨する。人はその友によって研磨される。
18:いちじくの番人はいちじくを食べる。主人を守る者は名誉を得る。
19:水が顔を映すように、心は人を映す。
20:陰府も滅びの国も飽き足りることがない。人間の目も飽き足りることがない。
21:銀にはるつぼ、金には炉。人は称賛によって試される。
22:無知な者を臼に入れて 穀物と共に杵でついても 無知は彼を去らない。
23:あなたの羊の様子をよく知っておけ。群れに心を向けよ。
24:財産はとこしえに永らえるものではなく 冠も代々に伝わるものではない。
25:草は刈り取られ、また青草が現れ 山々の牧草は集められる。
26:羊はあなたの着物となり 雄山羊は畑の代価となる。
27:雌山羊の乳はあなたのパン、一家のパンとなり あなたに仕える少女らを養う。

箴言28章

1:神に逆らう者は追う者もないのに逃げる。神に従う人は若獅子のように自信がある。
2:反乱のときには国に首領となる者が多く出る。分別と知識のある人ひとりによって安定は続く。
3:貧しい者が弱者を搾取するのは 雨が洗い流してパンがなくなるようなものだ。
4:教えを捨てる者は神に逆らう者を賛美し 教えを守る者は彼らと闘う。
5:悪を行う者らは裁きを理解しない。主を尋ね求める人々はすべてを理解する。
6:貧乏でも、完全な道を歩む人は 二筋の曲がった道を歩む金持ちより幸いだ。
7:教えを守るのは分別のある子。放蕩者と交わる者はその父を辱める。
8:利息、高利で財産を殖やす者は 集めても、弱者を憐れむ人に渡すことになろう。
9:教えに耳をそむけて聞こうとしない者は その祈りも忌むべきものと見なされる。
10:正しい人を悪の道に迷い込ませる者は 自分の掘った穴に落ちる。無垢な人々は良い嗣業を受ける。
11:金持ちは自分を賢いと思い込む。弱くても分別ある人は彼を見抜く。
12:神に従う人々が喜び勇むと輝きは増し 神に逆らう者が興ると人は身を隠す。
13:罪を隠している者は栄えない。告白して罪を捨てる者は憐れみを受ける。
14:いかに幸いなことか、常に恐れを抱いている人。心の頑な者は苦難に陥る。
15:獅子がうなり、熊が襲いかかる。神に逆らう者が弱い民を支配する。
16:指導者に英知が欠けると搾取が増す。奪うことを憎む人は長寿を得る。
17:流血の罪の重荷を負う者は、逃れて墓穴に至る。だれも彼を援助してはならない。
18:完全な道を歩む人は救われる。二筋の曲がった道を歩む者は直ちに倒れる。
19:自分の土地を耕す人はパンに飽き足りる。空を追う者は乏しさに飽き足りる。
20:忠実な人は多くの祝福を受ける。富むことにはやる者は罰せられずには済まない。
21:人を偏り見るのはよくない。だれでも一片のパンのために罪を犯しうる。
22:貪欲な者は財産を得ようと焦る。やって来るのが欠乏だとは知らない。
23:人を懲らしめる者は 舌の滑らかな者より喜ばれる。
24:父母のものをかすめて 「これは罪ではない」と言う者は 滅ぼそうとたくらむ者の仲間だ。
25:貪欲な者はいさかいを引き起こす。主に依り頼む人は潤される。
26:自分の心に依り頼む者は愚か者だ。知恵によって歩む人は救われる。
27:貧しい人に与える人は欠乏することがない。目を覆っている者は多くの呪いを受ける。
28:神に逆らう者が興ると人は身を隠し 彼らが滅びると神に従う人がふえる。

箴言29章

1:懲らしめられることが多いと人は頑固になる。彼は突然打ち砕かれ、もう癒すことはできない。
2:神に従う人が大いになると民は喜び 神に逆らう人が支配すると民は嘆く。
3:知恵を愛する人は父を喜ばせる。遊女を友とする者は財産を失う。
4:王が正しい裁きによって国を安定させても 貢ぎ物を取り立てる者がこれを滅ぼす。
5:友にへつらう者は 彼の一歩一歩に網を仕掛ける者。
6:悪を行う者は罪の罠にかかる。神に従う人は喜びの叫びをあげる。
7:神に従う人は弱者の訴えを認める。神に逆らう者はそれを認めず、理解しない。
8:不遜な者らが町に騒動を起こす。知恵ある人々は怒りを静める。
9:知恵ある人が無知な者と裁きの座で対すると 無知な者は怒り、嘲笑い、静まることがない。
10:無垢な人を憎み、その血を流そうとする者がある。正しい人々はその命を助けようとする。
11:愚か者は自分の感情をさらけ出す。知恵ある人はそれを制し静める。
12:支配者が偽りの言葉に耳を貸すなら 仕える人は皆、逆らう者となる。
13:貧しい人と虐げる者とが出会う。主はどちらの目にも光を与えておられる。
14:弱い人にも忠実な裁きをする王。その王座はとこしえに堅く立つ。
15:懲らしめの杖は知恵を与える。放任されていた子は母の恥となる。
16:神に逆らう者が多くなると罪も増す。神に従う人は彼らの滅びるさまを見るであろう。
17:あなたの子を諭すなら、安心していられる。彼はあなたの魂に楽しみを与える。
18:幻がなければ民は堕落する。教えを守る者は幸いである。
19:僕を言葉で諭すことはできない。理解したとしても、答えないであろう。
20:軽率に話す者を見たか。彼よりは愚か者にまだ望みがある。
21:僕を幼いときから甘やかしていると 後には手のつけられないものになる。
22:怒りやすい人はいさかいを引き起こし 激しやすい人は多く罪を犯す。
23:驕る者は低くされ 心の低い人は誉れを受けるようになる。
24:盗人にくみする者は自分の魂を憎む者 呪いが聞こえても黙っている。
25:人は恐怖の罠にかかる。主を信頼する者は高い所に置かれる。
26:支配者の御機嫌をうかがう者は多い。しかし、人を裁くのは主である。
27:神に従う人は悪を行う者を憎む。神に逆らう者は正しく歩む人を憎む。

箴言30章

1:ヤケの子アグルの言葉。託宣。この人は言う、神よ、わたしは疲れた。神よ、わたしは疲れ果てた。
2:まことに、わたしはだれよりも粗野で 人間としての分別もない。
3:知恵を教えられたこともなく 聖なる方を知ることもできない。
4:天に昇り、また降った者は誰か。その手の内に風を集め その衣に水を包むものは誰か。地の果てを定めたものは誰か。その名は何というのか。その子の名は何というのか。あなたは知っているのか。
5:神の言われることはすべて清い。身を寄せればそれは盾となる。
6:御言葉に付け加えようとするな。責められて 偽る者と断罪されることのないように。
7:二つのことをあなたに願います。わたしが死ぬまで、それを拒まないでください。
8:むなしいもの、偽りの言葉を わたしから遠ざけてください。貧しくもせず、金持ちにもせず わたしのために定められたパンで わたしを養ってください。
9:飽き足りれば、裏切り 主など何者か、と言うおそれがあります。貧しければ、盗みを働き わたしの神の御名を汚しかねません。
10:僕のことを主人に中傷してはならない。彼はあなたを呪い、あなたは罪に定められる。
11:父を呪い、母を祝福しない世代
12:自分を清いものと見なし 自分の汚物を洗い落とさぬ世代
13:目つきは高慢で、まなざしの驕った世代
14:歯は剣、牙は刃物の世代 それは貧しい人を食らい尽くして土地を奪い 乏しい人を食らい尽くして命を奪う。
15:蛭の娘はふたり。その名は「与えよ」と「与えよ。」飽くことを知らぬものは三つ。十分だと言わぬものは四つ。
16:陰府、不妊の胎、水に飽いたことのない土地 決して十分だと言わない火。
17:父を嘲笑い、母への従順を侮る者の目は 谷の烏がえぐり出し、鷲の雛がついばむ。
18:わたしにとって、驚くべきことが三つ 知りえぬことが四つ。
19:天にある鷲の道 岩の上の蛇の道 大海の中の船の道 男がおとめに向かう道。
20:そうだ、姦通の女の道も。食べて口をぬぐい 何も悪いことはしていないと言う。
21:三つのことに大地は震え 四つのことに耐ええない。
22:奴隷が王となること 神を知らぬ者がパンに飽き足りること
23:憎むべき女が夫を持つこと はしためが女主人を継ぐこと。
24:この地上に小さなものが四つある。それは知恵者中の知恵者だ。
25:蟻の一族は力はないが 夏の間にパンを備える。
26:岩狸の一族は強大ではないが その住みかを岩壁に構えている。
27:いなごには王はないが 隊を組んで一斉に出動する。
28:やもりは手で捕まえられるが 王の宮殿に住んでいる。
29:足取りの堂々としているものが三つ 堂々と歩くものが四つある。
30:獣の中の雄、決して退かない獅子
31:腰に帯した男、そして雄山羊 だれにも手向かいさせない王。
32:増長して恥知らずになり 悪だくみをしているなら、手で口を覆え。
33:乳脂を絞るとバターが出てくる。鼻を絞ると血が出てくる。怒りを絞ると争いが出てくる。

箴言31章

1:マサの王レムエルが母から受けた諭しの言葉。
2:ああ、わが子よ ああ、わが腹の子よ ああ、わが誓いの子よ。
3:あなたの力を女たちに費やすな。王さえも抹殺する女たちに あなたの歩みを向けるな。
4:レムエルよ 王たるものにふさわしくない。酒を飲むことは、王たるものにふさわしくない。強い酒を求めることは 君たるものにふさわしくない。
5:飲めば義務を忘れ 貧しい者の訴えを曲げるであろう。
6:強い酒は没落した者に 酒は苦い思いを抱く者に与えよ。
7:飲めば貧乏を忘れ 労苦を思い出すこともない。
8:あなたの口を開いて弁護せよ ものを言えない人を 犠牲になっている人の訴えを。
9:あなたの口を開いて正しく裁け 貧しく乏しい人の訴えを。
10:有能な妻を見いだすのは誰か。真珠よりはるかに貴い妻を。
11:夫は心から彼女を信頼している。儲けに不足することはない。
12:彼女は生涯の日々 夫に幸いはもたらすが、災いはもたらさない。
13:羊毛と亜麻を求め 手ずから望みどおりのものに仕立てる。
14:商人の船のように 遠くからパンを運んで来る。
15:夜の明ける前に起き出して 一族には食べ物を供し 召し使いの女たちには指図を与える。
16:熟慮して畑を買い 手ずから実らせた儲けでぶどう畑をひらく。
17:力強く腰に帯し、腕を強くする。
18:商売が好調かどうか味わい 灯は夜も消えることがない。
19:手を糸車に伸べ、手のひらに錘をあやつる。
20:貧しい人には手を開き、乏しい人に手を伸べる。
21:雪が降っても一族に憂いはない。一族は皆、衣を重ねているから。
22:敷物を自分のために織り、麻と紫の衣を着ている。
23:夫は名を知られた人で その地の長老らと城門で座に着いている。
24:彼女は亜麻布を織って売り、帯を商人に渡す。
25:力と気品をまとい、未来にほほえみかける。
26:口を開いて知恵の言葉を語り 慈しみの教えをその舌にのせる。
27:一族の様子によく目を配り 怠惰のパンを食べることはない。
28:息子らは立って彼女を幸いな人と呼び 夫は彼女をたたえて言う。
29:「有能な女は多いが あなたはなお、そのすべてにまさる」と。
30:あでやかさは欺き、美しさは空しい。主を畏れる女こそ、たたえられる。
31:彼女にその手の実りを報いよ。その業を町の城門でたたえよ。