詩篇

にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ

詩篇61編

1:【指揮者によって。伴奏付き。ダビデの詩。】
2:神よ、わたしの叫びを聞きわたしの祈りに耳を傾けてください。
3:心が挫けるとき地の果てからあなたを呼びます。高くそびえる岩山の上にわたしを導いてください。
4:あなたは常にわたしの避けどころ敵に対する力強い塔となってくださいます。
5:あなたの幕屋にわたしはとこしえに宿りあなたの翼を避けどころとして隠れます。〔セラ
6:神よ、あなたは必ずわたしの誓願を聞き取り御名を畏れる人に継ぐべきものをお与えになります。
7:王の日々になお日々を加えその年月を代々に永らえさせてください。
8:王が神の前にあってとこしえの王座につき慈しみとまことに守られますように。
9:わたしは永遠にあなたの御名をほめ歌い日ごとに満願の献げ物をささげます。

詩篇62編

1:【指揮者によって。エドトンに合わせて。賛歌。ダビデの詩。】
2:わたしの魂は沈黙して、ただ神に向かう。神にわたしの救いはある。
3:神こそ、わたしの岩、わたしの救い、砦の塔。わたしは決して動揺しない。
4:お前たちはいつまで人に襲いかかるのか。亡きものにしようとして一団となり人を倒れる壁、崩れる石垣とし
5:人が身を起こせば、押し倒そうと謀る。常に欺こうとして口先で祝福し、腹の底で呪う。〔セラ
6:わたしの魂よ、沈黙して、ただ神に向かえ。神にのみ、わたしは希望をおいている。
7:神はわたしの岩、わたしの救い、砦の塔。わたしは動揺しない。
8:わたしの救いと栄えは神にかかっている。力と頼み、避けどころとする岩は神のもとにある。
9:民よ、どのような時にも神に信頼し御前に心を注ぎ出せ。神はわたしたちの避けどころ。〔セラ
10:人の子らは空しいもの。人の子らは欺くもの。共に秤にかけても、息よりも軽い。
11:暴力に依存するな。搾取を空しく誇るな。力が力を生むことに心を奪われるな。
12:ひとつのことを神は語りふたつのことをわたしは聞いた力は神のものであり
13:慈しみは、わたしの主よ、あなたのものである、とひとりひとりに、その業に従ってあなたは人間に報いをお与えになる、と。

詩篇63編

1:【賛歌。ダビデの詩。ダビデがユダの荒れ野にいたとき。】
2:神よ、あなたはわたしの神。わたしはあなたを捜し求めわたしの魂はあなたを渇き求めます。あなたを待って、わたしのからだは乾ききった大地のように衰え水のない地のように渇き果てています。
3:今、わたしは聖所であなたを仰ぎ望みあなたの力と栄えを見ています。
4:あなたの慈しみは命にもまさる恵み。わたしの唇はあなたをほめたたえます。
5:命のある限り、あなたをたたえ手を高く上げ、御名によって祈ります。
6:わたしの魂は満ち足りました乳と髄のもてなしを受けたように。わたしの唇は喜びの歌をうたいわたしの口は賛美の声をあげます。
7:床に就くときにも御名を唱えあなたへの祈りを口ずさんで夜を過ごします。
8:あなたは必ずわたしを助けてくださいます。あなたの翼の陰でわたしは喜び歌います。
9:わたしの魂はあなたに付き従いあなたは右の御手でわたしを支えてくださいます。
10:わたしの命を奪おうとする者は必ず滅ぼされ陰府の深みに追いやられますように。
11:剣にかかり、山犬の餌食となりますように。
12:神によって、王は喜び祝い誓いを立てた者は誇りますように。偽って語る口は、必ず閉ざされますように。

詩篇64編

1:【指揮者によって。賛歌。ダビデの詩。】
2:神よ、悩み訴えるわたしの声をお聞きください。敵の脅威からわたしの命をお守りください。
3:わたしを隠してくださいさいなむ者の集いから、悪を行う者の騒ぎから。
4:彼らは舌を鋭い剣とし毒を含む言葉を矢としてつがえ
5:隠れた所から無垢な人を射ようと構え突然射かけて、恐れもしません。
6:彼らは悪事にたけ、共謀して罠を仕掛け「見抜かれることはない」と言います。
7:巧妙に悪を謀り「我らの謀は巧妙で完全だ。人は胸に深慮を隠す」と言います。
8:神は彼らに矢を射かけ突然、彼らは討たれるでしょう。
9:自分の舌がつまずきのもとになり見る人は皆、頭を振って侮るでしょう。
10:人は皆、恐れて神の働きを認め御業に目覚めるでしょう。
11:主に従う人は主を避けどころとし、喜び祝い心のまっすぐな人は皆、主によって誇ります。

詩篇65編

1:【指揮者によって。賛歌。ダビデの詩。歌。】
2:沈黙してあなたに向かい、賛美をささげます。シオンにいます神よ。あなたに満願の献げ物をささげます。
3:祈りを聞いてくださる神よすべて肉なるものはあなたのもとに来ます。
4:罪の数々がわたしを圧倒します。背いたわたしたちをあなたは贖ってくださいます。
5:いかに幸いなことでしょうあなたに選ばれ、近づけられあなたの庭に宿る人は。恵みの溢れるあなたの家、聖なる神殿によってわたしたちが満ち足りますように。
6:わたしたちの救いの神よあなたの恐るべき御業がわたしたちへのふさわしい答えでありますように。遠い海、地の果てに至るまですべてのものがあなたに依り頼みます。
7:御力をもって山々を固く据え雄々しさを身に帯びておられる方。
8:大海のどよめき、波のどよめき諸国の民の騒ぎを鎮める方。
9:お与えになる多くのしるしを見て地の果てに住む民は畏れ敬い朝と夕べの出で立つところには喜びの歌が響きます。
10:あなたは地に臨んで水を与え豊かさを加えられます。神の水路は水をたたえ、地は穀物を備えます。あなたがそのように地を備え
11:畝を潤し、土をならし豊かな雨を注いで柔らかにし芽生えたものを祝福してくださるからです。
12:あなたは豊作の年を冠として地に授けられます。あなたの過ぎ行かれる跡には油が滴っています。
13:荒れ野の原にも滴りどの丘も喜びを帯とし
14:牧場は羊の群れに装われ谷は麦に覆われています。ものみな歌い、喜びの叫びをあげています。

詩篇66編

1:【指揮者によって。歌。賛歌。】全地よ、神に向かって喜びの叫びをあげよ。
2:御名の栄光をほめ歌え。栄光に賛美を添えよ。
3:神に向かって歌え「御業はいかに恐るべきものでしょう。御力は強く、敵はあなたに服します。
4:全地はあなたに向かってひれ伏しあなたをほめ歌い御名をほめ歌います」と。〔セラ
5:来て、神の御業を仰げ人の子らになされた恐るべき御業を。
6:神は海を変えて乾いた地とされた。人は大河であったところを歩いて渡った。それゆえ、我らは神を喜び祝った。
7:神はとこしえに力強く支配し御目は国々を見渡す。背く者は驕ることを許されない。〔セラ
8:諸国の民よ、我らの神を祝し賛美の歌声を響かせよ。
9:神は我らの魂に命を得させてくださる。我らの足がよろめくのを許されない。
10:神よ、あなたは我らを試みられた。銀を火で練るように我らを試された。
11:あなたは我らを網に追い込み我らの腰に枷をはめ
12:人が我らを駆り立てることを許された。我らは火の中、水の中を通ったがあなたは我らを導き出して豊かな所に置かれた。
13:わたしは献げ物を携えて神殿に入り満願の献げ物をささげます。
14:わたしが苦難の中で唇を開きこの口をもって誓ったように
15:肥えた獣をささげ、香りと共に雄羊を雄山羊と共に雄牛を焼き尽くしてささげます。〔セラ
16:神を畏れる人は皆、聞くがよいわたしに成し遂げてくださったことを物語ろう。
17:神に向かってわたしの口は声をあげわたしは舌をもってあがめます。
18:わたしが心に悪事を見ているなら主は聞いてくださらないでしょう。
19:しかし、神はわたしの祈る声に耳を傾け聞き入れてくださいました。
20:神をたたえよ。神はわたしの祈りを退けることなく慈しみを拒まれませんでした。

詩篇67編

1:【指揮者によって。伴奏付き。賛歌。歌。】
2:神がわたしたちを憐れみ、祝福し御顔の輝きをわたしたちに向けてくださいますように〔セラ
3:あなたの道をこの地が知り御救いをすべての民が知るために。
4:神よ、すべての民があなたに感謝をささげますように。すべての民が、こぞってあなたに感謝をささげますように。
5:諸国の民が喜び祝い、喜び歌いますようにあなたがすべての民を公平に裁きこの地において諸国の民を導かれることを。〔セラ
6:神よ、すべての民があなたに感謝をささげますように。すべての民が、こぞってあなたに感謝をささげますように。
7:大地は作物を実らせました。神、わたしたちの神がわたしたちを祝福してくださいますように。
8:神がわたしたちを祝福してくださいますように。地の果てに至るまですべてのものが神を畏れ敬いますように。

詩篇68編

1:【指揮者によって。ダビデの詩。賛歌。歌。】
2:神は立ち上がり、敵を散らされる。神を憎む者は御前から逃げ去る。
3:煙は必ず吹き払われ、蝋は火の前に溶ける。神に逆らう者は必ず御前に滅び去る。
4:神に従う人は誇らかに喜び祝い御前に喜び祝って楽しむ。
5:神に向かって歌え、御名をほめ歌え。雲を駆って進む方に道を備えよ。その名を主と呼ぶ方の御前に喜び勇め。
6:神は聖なる宮にいます。みなしごの父となりやもめの訴えを取り上げてくださる。
7:神は孤独な人に身を寄せる家を与え捕われ人を導き出して清い所に住ませてくださる。背く者は焼けつく地に住まねばならない。
8:神よ、あなたが民を導き出し荒れ果てた地を行進されたとき〔セラ
9:地は震え、天は雨を滴らせたシナイにいます神の御前に神、イスラエルの神の御前に。
10:神よ、あなたは豊かに雨を賜りあなたの衰えていた嗣業を固く立てて
11:あなたの民の群れをその地に住ませてくださった。恵み深い神よあなたは貧しい人にその地を備えられた。
12:主は約束をお与えになり大勢の女たちが良い知らせを告げる
13:「王たちは軍勢と共に逃げ散る、逃げ散る」と。家にいる美しい女も戦利品を分けている。
14:あなたたちは二つの鞍袋の間に横たわるのか。鳩の翼は銀に、羽は黄金に被われている。
15:全能者が王たちを散らされるときツァルモン山に雪が降るであろう。
16:神々しい山、バシャンの山峰を連ねた山、バシャンの山
17:峰を連ねた山よ、なぜ、うかがうのか神が愛して御自分の座と定められた山を主が永遠にお住みになる所を。
18:神の戦車は幾千、幾万主はそのただ中にいます。シナイの神は聖所にいます。
19:主よ、神よあなたは高い天に上り、人々をとりことし人々を貢ぎ物として取り、背く者も取られる。彼らはそこに住み着かせられる。
20:主をたたえよ日々、わたしたちを担い、救われる神を。〔セラ
21:この神はわたしたちの神、救いの御業の神主、死から解き放つ神。
22:神は必ず御自分の敵の頭を打ち咎のうちに歩み続ける者の髪に覆われた頭を打たれる。
23:主は言われる。「バシャンの山からわたしは連れ帰ろう。海の深い底から連れ帰ろう。
24:あなたは敵を打って足をその血に浸しあなたの犬も分け前として敵の血に舌を浸す。」
25:神よ、あなたの行進が見える。わたしの神、わたしの王は聖所に行進される。
26:歌い手を先頭に、続いて楽を奏する者おとめらの中には太鼓を打つ者。
27:聖歌隊によって神をたたえよイスラエルの源からの主を。
28:若いベニヤミンがそこで彼らを統率する。ユダの君侯らは彼らの指導者ゼブルンの君侯ら、ナフタリの君侯らもいる。
29:あなたの神は命じられるあなたが力を帯びることを。神よ、力を振るってくださいわたしたちのために行動を起こしてください。
30:あなたの神殿からエルサレムの上に。あなたのもとに王たちは献げ物を携えて来ます。
31:叱咤してください、葦の茂みに住む獣を諸国の民を子牛のように伴う猛牛の一群を銀の品々を踏みにじるものを。闘いを望む国々の民を散らしてください。
32:エジプトから青銅の品々が到来しクシュは、神に向かって手を伸べる。
33:地の王国よ、共に神に向かって歌い主にほめ歌をうたえ〔セラ
34:いにしえよりの高い天を駆って進む方に。神は御声を、力強い御声を発せられる。
35:力を神に帰せよ。神の威光はイスラエルの上にあり神の威力は雲の彼方にある。
36:神よ、あなたは聖所にいまし、恐るべき方。イスラエルの神は御自分の民に力と権威を賜る。神をたたえよ。

詩篇69編

1:【指揮者によって。「ゆり」に合わせて。ダビデの詩。】
2:神よ、わたしを救ってください。大水が喉元に達しました。
3:わたしは深い沼にはまり込み足がかりもありません。大水の深い底にまで沈み奔流がわたしを押し流します。
4:叫び続けて疲れ、喉は涸れわたしの神を待ち望むあまり目は衰えてしまいました。
5:理由もなくわたしを憎む者はこの頭の髪よりも数多くいわれなくわたしに敵意を抱く者滅ぼそうとする者は力を増して行きます。わたしは自分が奪わなかったものすら償わねばなりません。
6:神よ、わたしの愚かさは、よくご存じです。罪過もあなたには隠れもないことです。
7:万軍の主、わたしの神よあなたに望みをおく人々がわたしを恥としませんように。イスラエルの神よあなたを求める人々がわたしを屈辱としませんように。
8:わたしはあなたゆえに嘲られ顔は屈辱に覆われています。
9:兄弟はわたしを失われた者とし同じ母の子らはわたしを異邦人とします。
10:あなたの神殿に対する熱情がわたしを食い尽くしているのであなたを嘲る者の嘲りがわたしの上にふりかかっています。
11:わたしが断食して泣けばそうするからといって嘲られ
12:粗布を衣とすればそれもわたしへの嘲りの歌になります。
13:町の門に座る人々はわたしを非難し強い酒に酔う者らはわたしのことを歌います。
14:あなたに向かってわたしは祈ります。主よ、御旨にかなうときに神よ、豊かな慈しみのゆえにわたしに答えて確かな救いをお与えください。
15:泥沼にはまり込んだままにならないようにわたしを助け出してください。わたしを憎む者から大水の深い底から助け出してください
16:奔流がわたしを押し流すことのないように深い沼がわたしをひと呑みにしないように井戸がわたしの上に口を閉ざさないように。
17:恵みと慈しみの主よ、わたしに答えてください憐れみ深い主よ、御顔をわたしに向けてください。
18:あなたの僕に御顔を隠すことなく苦しむわたしに急いで答えてください。
19:わたしの魂に近づき、贖い敵から解放してください。
20:わたしが受けている嘲りを恥を、屈辱を、あなたはよくご存じです。わたしを苦しめる者は、すべて御前にいます。
21:嘲りに心を打ち砕かれわたしは無力になりました。望んでいた同情は得られず慰めてくれる人も見いだせません。
22:人はわたしに苦いものを食べさせようとし渇くわたしに酢を飲ませようとします。
23:どうか、彼らの食卓が彼ら自身に罠となり仲間には落とし穴となりますように。
24:彼らの目を暗くして見ることができないようにし腰は絶えず震えるようにしてください。
25:あなたの憤りを彼らに注ぎ激しい怒りで圧倒してください。
26:彼らの宿営は荒れ果て天幕には住む者もなくなりますように。
27:あなたに打たれた人を、彼らはなおも迫害しあなたに刺し貫かれた人の痛みを話の種にします。
28:彼らの悪には悪をもって報い恵みの御業に彼らを決してあずからせないでください。
29:命の書から彼らを抹殺してください。あなたに従う人々に並べてそこに書き記さないでください。
30:わたしは卑しめられ、苦痛の中にあります。神よ、わたしを高く上げ、救ってください。
31:神の御名を賛美してわたしは歌い御名を告白して、神をあがめます。
32:それは雄牛のいけにえよりも角をもち、ひづめの割れた牛よりもなお主に喜ばれることでしょう。
33:貧しい人よ、これを見て喜び祝え。神を求める人々には健やかな命が与えられますように。
34:主は乏しい人々に耳を傾けてくださいます。主の民の捕われ人らを決しておろそかにはされないでしょう。
35:天よ地よ、主を賛美せよ海も、その中にうごめくものもすべて。
36:神は必ずシオンを救いユダの町々を再建してくださる。彼らはその地に住み、その地を継ぐ。
37:主の僕らの子孫はそこを嗣業とし御名を愛する人々はその地に住み着く。

詩篇70編

1:【指揮者によって。ダビデの詩。記念。】
2:神よ、速やかにわたしを救い出し主よ、わたしを助けてください。
3:わたしの命をねらう者が恥を受け、嘲られわたしを災いに遭わせようと望む者が侮られて退き
4:はやし立てる者が恥を受けて逃げ去りますように。
5:あなたを尋ね求める人があなたによって喜び祝い、楽しみ御救いを愛する人が神をあがめよといつも歌いますように。
6:神よ、わたしは貧しく、身を屈めています。速やかにわたしを訪れてください。あなたはわたしの助け、わたしの逃れ場。主よ、遅れないでください。

詩篇71編

1:主よ、御もとに身を寄せます。とこしえに恥に落とすことなく
2:恵みの御業によって助け、逃れさせてください。あなたの耳をわたしに傾け、お救いください。
3:常に身を避けるための住まい、岩となりわたしを救おうと定めてください。あなたはわたしの大岩、わたしの砦。
4:わたしの神よ、あなたに逆らう者の手から悪事を働く者、不法を働く者の手からわたしを逃れさせてください。
5:主よ、あなたはわたしの希望。主よ、わたしは若いときからあなたに依り頼み
6:母の胎にあるときからあなたに依りすがって来ました。あなたは母の腹からわたしを取り上げてくださいました。わたしは常にあなたを賛美します。
7:多くの人はわたしに驚きます。あなたはわたしの避けどころ、わたしの砦。
8:わたしの口は賛美に満ち絶えることなくあなたの輝きをたたえます。
9:老いの日にも見放さずわたしに力が尽きても捨て去らないでください。
10:敵がわたしのことを話し合いわたしの命をうかがう者が共に謀り
11:言っています「神が彼を捨て去ったら、追い詰めて捕えよう。彼を助ける者はもういない」と。
12:神よ、わたしを遠く離れないでください。わたしの神よ、今すぐわたしをお助けください。
13:わたしの魂に敵対する者が恥に落とされ、滅ぼされますように。わたしが災いに遭うことを求める者が嘲りと辱めに包まれますように。
14:わたしは常に待ち望み繰り返し、あなたを賛美します。
15:わたしの口は恵みの御業を御救いを絶えることなく語りなお、決して語り尽くすことはできません。
16:しかし主よ、わたしの主よわたしは力を奮い起こして進みいでひたすら恵みの御業を唱えましょう。
17:神よ、わたしの若いときからあなた御自身が常に教えてくださるので今に至るまでわたしは驚くべき御業を語り伝えて来ました。
18:わたしが老いて白髪になっても神よ、どうか捨て去らないでください。御腕の業を、力強い御業を来るべき世代に語り伝えさせてください。
19:神よ、恵みの御業は高い天に広がっています。あなたはすぐれた御業を行われました。神よ、誰があなたに並びえましょう。
20:あなたは多くの災いと苦しみをわたしに思い知らせられましたが再び命を得させてくださるでしょう。地の深い淵から再び引き上げてくださるでしょう。
21:ひるがえって、わたしを力づけすぐれて大いなるものとしてくださるでしょう。
22:わたしもまた、わたしの神よ琴に合わせてあなたのまことに感謝をささげます。イスラエルの聖なる方よわたしは竪琴に合わせてほめ歌をうたいます。
23:わたしの唇は喜びの声をあげあなたが贖ってくださったこの魂はあなたにほめ歌をうたいます。
24:わたしの舌は絶えることなく恵みの御業を歌います。わたしが災いに遭うことを望む者がどうか、恥と辱めに落とされますように。

詩篇72編

1:【ソロモンの詩。】神よ、あなたによる裁きを、王にあなたによる恵みの御業を、王の子にお授けください。
2:王が正しくあなたの民の訴えを取り上げあなたの貧しい人々を裁きますように。
3:山々が民に平和をもたらし丘が恵みをもたらしますように。
4:王が民を、この貧しい人々を治め乏しい人の子らを救い虐げる者を砕きますように。
5:王が太陽と共に永らえ月のある限り、代々に永らえますように。
6:王が牧場に降る雨となり地を潤す豊かな雨となりますように。
7:生涯、神に従う者として栄え月の失われるときまでも豊かな平和に恵まれますように。
8:王が海から海まで大河から地の果てまで、支配しますように。
9:砂漠に住む者が彼の前に身を屈め敵が塵をなめますように。
10:タルシシュや島々の王が献げ物をシェバやセバの王が貢ぎ物を納めますように。
11:すべての王が彼の前にひれ伏しすべての国が彼に仕えますように。
12:王が助けを求めて叫ぶ乏しい人を助けるものもない貧しい人を救いますように。
13:弱い人、乏しい人を憐れみ乏しい人の命を救い
14:不法に虐げる者から彼らの命を贖いますように。王の目に彼らの血が貴いものとされますように。
15:王が命を得ますように。彼にシェバの黄金がささげられますように。彼のために人々が常に祈り絶え間なく彼を祝福しますように。
16:この地には、一面に麦が育ち山々の頂にまで波打ちその実りはレバノンのように豊かで町には人が地の青草ほどにも茂りますように。
17:王の名がとこしえに続き太陽のある限り、その名が栄えますように。国々の民は皆、彼によって祝福を受け彼を幸いな人と呼びますように。
18:主なる神をたたえよイスラエルの神ただひとり驚くべき御業を行う方を。
19:栄光に輝く御名をとこしえにたたえよ栄光は全地を満たす。アーメン、アーメン。
20:エッサイの子ダビデの祈りの終り。

詩篇73編

1:【賛歌。アサフの詩。】神はイスラエルに対して心の清い人に対して、恵み深い。
2:それなのにわたしは、あやうく足を滑らせ一歩一歩を踏み誤りそうになっていた。
3:神に逆らう者の安泰を見てわたしは驕る者をうらやんだ。
4:死ぬまで彼らは苦しみを知らずからだも肥えている。
5:だれにもある労苦すら彼らにはない。だれもがかかる病も彼らには触れない。
6:傲慢は首飾りとなり不法は衣となって彼らを包む。
7:目は脂肪の中から見まわし心には悪だくみが溢れる。
8:彼らは侮り、災いをもたらそうと定め高く構え、暴力を振るおうと定める。
9:口を天に置き舌は地を行く。
10:(民がここに戻っても水を見つけることはできないであろう。)
11:そして彼らは言う。「神が何を知っていようか。いと高き神にどのような知識があろうか。」
12:見よ、これが神に逆らう者。とこしえに安穏で、財をなしていく。
13:わたしは心を清く保ち手を洗って潔白を示したが、むなしかった。
14:日ごと、わたしは病に打たれ朝ごとに懲らしめを受ける。
15:「彼らのように語ろう」と望んだなら見よ、あなたの子らの代を裏切ることになっていたであろう。
16:わたしの目に労苦と映ることの意味を知りたいと思い計り
17:ついに、わたしは神の聖所を訪れ彼らの行く末を見分けた
18:あなたが滑りやすい道を彼らに対して備え彼らを迷いに落とされるのを
19:彼らを一瞬のうちに荒廃に落とし災難によって滅ぼし尽くされるのを
20:わが主よ、あなたが目覚め眠りから覚めた人が夢を侮るように彼らの偶像を侮られるのを。
21:わたしは心が騒ぎはらわたの裂ける思いがする。
22:わたしは愚かで知識がなくあなたに対して獣のようにふるまっていた。
23:あなたがわたしの右の手を取ってくださるので常にわたしは御もとにとどまることができる。
24:あなたは御計らいに従ってわたしを導き後には栄光のうちにわたしを取られるであろう。
25:地上であなたを愛していなければ天で誰がわたしを助けてくれようか。
26:わたしの肉もわたしの心も朽ちるであろうが神はとこしえにわたしの心の岩わたしに与えられた分。
27:見よ、あなたから遠ざかる者は滅びる。御もとから迷い去る者をあなたは絶たれる。
28:わたしは、神に近くあることを幸いとし主なる神に避けどころを置く。わたしは御業をことごとく語り伝えよう。

詩篇74編

1:【マスキール。アサフの詩。】神よ、なぜあなたは養っておられた羊の群れに怒りの煙をはき永遠に突き放してしまわれたのですか。
2:どうか、御心に留めてくださいすでにいにしえから御自分のものとし御自分の嗣業の部族として贖われた会衆をあなたのいます所であったこのシオンの山を。
3:永遠の廃虚となったところに足を向けてください。敵は聖所のすべてに災いをもたらしました。
4:あなたに刃向かう者は、至聖所の中でほえ猛り自分たちのしるしをしるしとして立てました。
5:彼らが木の茂みの中を斧を携えて上るのが見えると
6:ただちに手斧、まさかりを振るって彫り物の飾りをすべて打ち壊し
7:あなたの聖所に火をかけ御名の置かれた所を地に引き倒して汚しました。
8:「すべて弾圧せねばならない」と心に言ってこの地にある神の会堂をすべて焼き払いました。
9:わたしたちのためのしるしは見えません。今は預言者もいません。いつまで続くのかを知る者もありません。
10:神よ、刃向かう者はいつまで嘲るのでしょうか。敵は永久にあなたの御名を侮るのでしょうか。
11:なぜ、手を引いてしまわれたのですか右の御手は、ふところに入れられたまま。
12:しかし神よ、いにしえよりのわたしの王よこの地に救いの御業を果たされる方よ。
13:あなたは、御力をもって海を分け大水の上で竜の頭を砕かれました。
14:レビヤタンの頭を打ち砕きそれを砂漠の民の食糧とされたのもあなたです。
15:あなたは、泉や川を開かれましたが絶えることのない大河の水を涸らされました。
16:あなたは、太陽と光を放つ物を備えられました。昼はあなたのもの、そして夜もあなたのものです。
17:あなたは、地の境をことごとく定められました。夏と冬を造られたのもあなたです。
18:主よ、御心に留めてください、敵が嘲るのを神を知らぬ民があなたの御名を侮るのを。
19:あなたの鳩の魂を獣に渡さないでください。あなたの貧しい人々の命を永遠に忘れ去らないでください。
20:契約を顧みてください。地の暗い隅々には不法の住みかがひしめいています。
21:どうか、虐げられた人が再び辱められることなく貧しい人、乏しい人が御名を賛美することができますように。
22:神よ、立ち上がり御自分のために争ってください。神を知らぬ者が絶えずあなたを嘲っているのを御心に留めてください。
23:あなたに刃向かう者のあげる声あなたに立ち向かう者の常に起こす騒ぎをどうか、決して忘れないでください。

詩篇75編

1:【指揮者によって。「滅ぼさないでください」に合わせて。賛歌。アサフの詩。歌。】
2:あなたに感謝をささげます。神よ、あなたに感謝をささげます。御名はわたしたちの近くにいまし人々は驚くべき御業を物語ります。
3:「わたしは必ず時を選び、公平な裁きを行う。
4:地はそこに住むすべてのものと共に溶け去ろうとしている。しかし、わたしは自ら地の柱を固める。〔セラ
5:わたしは驕る者たちに、驕るなと言おう。逆らう者に言おう、角をそびやかすなと。
6:お前たちの角を高くそびやかすな。胸を張って断言するな。」
7:そうです、人を高く上げるものは東からも西からも、荒れ野からも来ません。
8:神が必ず裁きを行いある者を低く、ある者を高くなさるでしょう。
9:すでに杯は主の御手にあり調合された酒が泡立っています。主はこれを注がれます。この地の逆らう者は皆、それを飲みおりまで飲み干すでしょう。
10:わたしはとこしえにこのことを語り継ぎヤコブの神にほめ歌をささげます。
11:「わたしは逆らう者の角をことごとく折り従う者の角を高く上げる。」

詩篇76編

1:【指揮者によって。伴奏付き。賛歌。アサフの詩。歌。】
2:神はユダに御自らを示されイスラエルに御名の大いなることを示される。
3:神の幕屋はサレムにあり神の宮はシオンにある。
4:そこにおいて、神は弓と火の矢を砕き盾と剣を、そして戦いを砕かれる。〔セラ
5:あなたが、餌食の山々から光を放って力強く立たれるとき
6:勇敢な者も狂気のうちに眠り戦士も手の力を振るいえなくなる。
7:ヤコブの神よ、あなたが叱咤されると戦車も馬も深い眠りに陥る。
8:あなたこそ、あなたこそ恐るべき方。怒りを発せられるとき、誰が御前に立ちえよう。
9:あなたは天から裁きを告知し地は畏れて鎮まる。
10:神は裁きを行うために立ち上がり地の貧しい人をすべて救われる。〔セラ
11:怒り猛る者もあなたを認めるあなたが激しい怒りの名残を帯とされるとき。
12:あなたたちの神、主に誓いを立て、それを果たせ。取り囲むすべての民は恐るべき方に貢ぎ物をもたらすがよい。
13:地の王たちの畏れる方は支配者の霊をも断たれるであろう。

詩篇77編

1:【指揮者によって。エドトンに合わせて。アサフの詩。賛歌。】
2:神に向かってわたしは声をあげ助けを求めて叫びます。神に向かってわたしは声をあげ神はわたしに耳を傾けてくださいます。
3:苦難の襲うとき、わたしは主を求めます。夜、わたしの手は疲れも知らず差し出されわたしの魂は慰めを受け入れません。
4:神を思い続けて呻きわたしの霊は悩んでなえ果てます。〔セラ
5:あなたはわたしのまぶたをつかんでおられます。心は騒ぎますが、わたしは語りません。
6:いにしえの日々をわたしは思いますとこしえに続く年月を。
7:夜、わたしの歌を心に思い続けわたしの霊は悩んで問いかけます。
8:「主はとこしえに突き放し再び喜び迎えてはくださらないのか。
9:主の慈しみは永遠に失われたのであろうか。約束は代々に断たれてしまったのであろうか。
10:神は憐れみを忘れ怒って、同情を閉ざされたのであろうか。」〔セラ
11:わたしは言います。「いと高き神の右の御手は変わりわたしは弱くされてしまった。」
12:わたしは主の御業を思い続けいにしえに、あなたのなさった奇跡を思い続け
13:あなたの働きをひとつひとつ口ずさみながらあなたの御業を思いめぐらします。
14:神よ、あなたの聖なる道を思えばあなたのようにすぐれた神はあるでしょうか。
15:あなたは奇跡を行われる神諸国の民の中に御力を示されました。
16:御腕をもって御自分の民をヤコブとヨセフの子らを贖われました。〔セラ
17:大水はあなたを見た。神よ、大水はあなたを見て、身もだえし深淵はおののいた。
18:雨雲は水を注ぎ雲は声をあげた。あなたの矢は飛び交い
19:あなたの雷鳴は車のとどろきのよう。稲妻は世界を照らし出し地はおののき、震えた。
20:あなたの道は海の中にありあなたの通られる道は大水の中にある。あなたの踏み行かれる跡を知る者はない。
21:あなたはモーセとアロンの手をとおして羊の群れのように御自分の民を導かれました。

詩篇78編

1:【マスキール。アサフの詩。】わたしの民よ、わたしの教えを聞きわたしの口の言葉に耳を傾けよ。
2:わたしは口を開いて箴言をいにしえからの言い伝えを告げよう
3:わたしたちが聞いて悟ったこと先祖がわたしたちに語り伝えたことを。
4:子孫に隠さず、後の世代に語り継ごう主への賛美、主の御力を主が成し遂げられた驚くべき御業を。
5:主はヤコブの中に定めを与えイスラエルの中に教えを置きそれを子孫に示すようにわたしたちの先祖に命じられた。
6:子らが生まれ、後の世代が興るとき彼らもそれを知りその子らに語り継がなければならない。
7:子らが神に信頼をおき神の御業を決して忘れずその戒めを守るために
8:先祖のように頑な反抗の世代とならないように心が確かに定まらない世代神に不忠実な霊の世代とならないように。
9:エフライムの子らは武装し弓を射る者であったが闘いの日に、裏切った。
10:彼らは神との契約を守らずその教えに従って歩むことを拒み
11:その御業をことごとく忘れた彼らに示された驚くべき御業を。
12:エジプトの地、ツォアンの野で神は先祖に対して不思議な御業を行い
13:海を開いて彼らを渡らせる間水をせきとめておかれた。
14:昼は雲をもって夜は燃え続ける火の光をもって彼らを導かれた。
15:荒れ野では岩を開き深淵のように豊かな水を飲ませてくださった。
16:岩から流れを引き出されたので水は大河のように流れ下った。
17:彼らは重ねて罪を犯し砂漠でいと高き方に反抗した。
18:心のうちに神を試み欲望のままに食べ物を得ようとし
19:神に対してつぶやいて言った。「荒れ野で食卓を整えることが神にできるのだろうか。
20:神が岩を打てば水がほとばしり出て川となり、溢れ流れるが民にパンを与えることができるだろうか肉を用意することができるだろうか。」
21:主はこれを聞いて憤られた。火はヤコブの中に燃え上がり怒りはイスラエルの中に燃えさかった。
22:彼らは神を信じようとせず御救いに依り頼まなかった。
23:それでもなお、神は上から雲に命じ天の扉を開き
24:彼らの上にマナを降らせ、食べさせてくださった。神は天からの穀物をお与えになり
25:人は力ある方のパンを食べた。神は食べ飽きるほどの糧を送られた。
26:神は東風を天から送り御力をもって南風を起こし
27:彼らの上に肉を塵のように降らせ翼ある鳥を海辺の砂のように降らせ
28:彼らの陣営の中に宿る所の周りに落としてくださった。
29:彼らは食べて飽き足りた。神は彼らの欲望を満たしてくださった。
30:彼らが欲望から離れず食べ物が口の中にあるうちに
31:神の怒りが彼らの中に燃えさかりその肥え太った者を殺しイスラエルの若者たちを倒した。
32:それにもかかわらず、彼らはなお罪を犯し驚くべき御業を信じなかったので
33:神は彼らの生涯をひと息のうちに彼らの年月を恐怖のうちに断とうとされた。
34:神が彼らを殺そうとされると彼らは神を求め、立ち帰って、神を捜し求めた。
35:「神は岩、いと高き神は贖い主」と唱えながらも
36:その口をもって神を侮り舌をもって欺いた。
37:彼らの心は神に対して確かに定まらずその契約に忠実ではなかった。
38:しかし、神は憐れみ深く、罪を贖われる。彼らを滅ぼすことなく、繰り返し怒りを静め憤りを尽くされることはなかった。
39:神は御心に留められた人間は肉にすぎず過ぎて再び帰らない風であることを。
40:どれほど彼らは荒れ野で神に反抗し砂漠で御心を痛めたことか。
41:繰り返し神を試みイスラエルの聖なる方を傷つけ
42:御手の力を思わず敵の手から贖われた日を思い起こさなかった。
43:神はエジプトで多くのしるしを与えツォアンの野で奇跡を示された。
44:川の水を血に変えられたのでその流れは飲めなくなった。
45:あぶを送って彼らに食いつかせ蛙を送って荒廃させられた。
46:作物をいなごの群れに与え労して得たものをいなごに与えられた。
47:神はぶどうの木を雹で打ちいちじく桑を霜で枯らし
48:家畜を雹に渡しその群れを稲妻に渡された。
49:神は燃える怒りと憤りを激しい怒りと苦しみを災いの使いとして彼らの中に送られた。
50:神は御怒りを現す道を備え彼らの魂を死に渡して惜しまず彼らの命を疫病に渡し
51:エジプトのすべての初子をハムの天幕において力の最初の実りを打たれた。
52:神は御自分の民を羊のように導き出し荒れ野で家畜の群れのように導かれた。
53:彼らは信頼して導かれ、恐れることはなかった。海が彼らの敵を覆った。
54:神は彼らを御自分の聖地の境にまで導かれた。右の御手をもって得られたその山に。
55:彼らの前から諸国の民を追い払い彼らの嗣業を測り縄で定めイスラエルの諸部族をそれぞれの天幕に住まわせられた。
56:彼らはいと高き神を試み反抗し、その定めを守らず
57:先祖と同じように背き、裏切り欺く弓で射た矢のようにそれて行き
58:異教の祭壇に仕えて神を怒らせ偶像を拝んで神の激情を引き起こした。
59:神は聞いて憤りイスラエルを全く拒み
60:シロの聖所、人によって張られた幕屋を捨て
61:御力の箱がとりこになるにまかせ栄光の輝きを敵の手に渡された。
62:神は御自分の民を剣に渡し御自分の嗣業に怒りを注がれた。
63:火は若者をなめ尽くしおとめは喜びを奪われ
64:祭司は剣に倒れやもめは嘆くことすらしなかった。
65:主は、眠りから覚めた人のように酔いから覚めた勇士のように奮い立ち
66:敵を撃って退かせとこしえに嘲られるものとされた。
67:主はヨセフの天幕を拒みエフライム族を選ばず
68:ユダ族と、愛するシオンの山を選び
69:御自分の聖所を高い天のように建てとこしえの基を据えた地のように建てられた。
70:僕ダビデを選び、羊のおりから彼を取り
71:乳を飲ませている羊の後ろから取って御自分の民ヤコブを御自分の嗣業イスラエルを養う者とされた。
72:彼は無垢な心をもって彼らを養い英知に満ちた手をもって導いた。

詩篇79編

1:【賛歌。アサフの詩。】神よ、異国の民があなたの嗣業を襲いあなたの聖なる神殿を汚しエルサレムを瓦礫の山としました。
2:あなたの僕らの死体を空の鳥の餌としあなたの慈しみに生きた人々の肉を地の獣らの餌としました。
3:彼らは、エルサレムの周囲にこの人々の血を水のように流します。葬る者もありません。
4:わたしたちは近隣の民に辱められ周囲の民に嘲られ、そしられています。
5:主よ、いつまで続くのでしょう。あなたは永久に憤っておられるのでしょうか。あなたの激情は火と燃え続けるのでしょうか。
6:御怒りを注いでくださいあなたを知ろうとしない異国の民の上にあなたの御名を呼び求めない国々の上に。
7:彼らはヤコブを食いものにしその住みかを荒廃させました。
8:どうか、わたしたちの昔の悪に御心を留めず御憐れみを速やかに差し向けてください。わたしたちは弱り果てました。
9:わたしたちの救いの神よ、わたしたちを助けてあなたの御名の栄光を輝かせてください。御名のために、わたしたちを救い出しわたしたちの罪をお赦しください。
10:どうして異国の民に言わせてよいでしょうか「彼らの神はどこにいる」と。あなたの僕らの注ぎ出された血に対する報復を異国の民の中で、わたしたちが目の前に見ることができますように。
11:捕われ人の嘆きが御前に届きますように。御腕の力にふさわしく死に定められている人々を生き長らえさせてください。
12:主よ、近隣の民のふところにあなたを辱めた彼らの辱めを七倍にして返してください。
13:わたしたちはあなたの民あなたに養われる羊の群れ。とこしえに、あなたに感謝をささげ代々に、あなたの栄誉を語り伝えます。

詩篇80編

1:【指揮者によって。「ゆり」に合わせて。定め。アサフの詩。賛歌。】
2:イスラエルを養う方ヨセフを羊の群れのように導かれる方よ御耳を傾けてください。ケルビムの上に座し、顕現してください
3:エフライム、ベニヤミン、マナセの前に。目覚めて御力を振るいわたしたちを救うために来てください。
4:神よ、わたしたちを連れ帰り御顔の光を輝かせわたしたちをお救いください。
5:万軍の神、主よ、あなたの民は祈っています。いつまで怒りの煙をはき続けられるのですか。
6:あなたは涙のパンをわたしたちに食べさせなお、三倍の涙を飲ませられます。
7:わたしたちは近隣の民のいさかいの的とされ敵はそれを嘲笑います。
8:万軍の神よ、わたしたちを連れ帰り御顔の光を輝かせわたしたちをお救いください。
9:あなたはぶどうの木をエジプトから移し多くの民を追い出して、これを植えられました。
10:そのために場所を整え、根付かせこの木は地に広がりました。
11:その陰は山々を覆い枝は神々しい杉をも覆いました。
12:あなたは大枝を海にまで若枝を大河にまで届かせられました。
13:なぜ、あなたはその石垣を破られたのですか。通りかかる人は皆、摘み取って行きます。
14:森の猪がこれを荒らし野の獣が食い荒らしています。
15:万軍の神よ、立ち帰ってください。天から目を注いで御覧ください。このぶどうの木を顧みてください
16:あなたが右の御手で植えられた株を御自分のために強くされた子を。
17:それを切り、火に焼く者らは御前に咎めを受けて滅ぼされますように。
18:御手があなたの右に立つ人の上にあり御自分のために強められた人の子の上にありますように。
19:わたしたちはあなたを離れません。命を得させ、御名を呼ばせてください。
20:万軍の神、主よ、わたしたちを連れ帰り御顔の光を輝かせわたしたちをお救いください。

詩篇81編

1:【指揮者によって。ギティトに合わせて。アサフの詩。】
2:わたしたちの力の神に向かって喜び歌いヤコブの神に向かって喜びの叫びをあげよ。
3:ほめ歌を高くうたい、太鼓を打ち鳴らし琴と竪琴を美しく奏でよ。
4:角笛を吹き鳴らせ新月、満月、わたしたちの祭りの日に。
5:これはイスラエルに対する掟ヤコブの神が命じられたこと。
6:エジプトの地を攻められたときヨセフに授けられた定め。わたしは思いがけない言葉を聞くことになった。
7:「わたしが、彼の肩の重荷を除き籠を手から取り去る。
8:わたしは苦難の中から呼び求めるあなたを救い雷鳴に隠れてあなたに答えメリバの水のほとりであなたを試した。〔セラ
9:わたしの民よ、聞け、あなたに定めを授ける。イスラエルよ、わたしに聞き従え。
10:あなたの中に異国の神があってはならない。あなたは異教の神にひれ伏してはならない。
11:わたしが、あなたの神、主。あなたをエジプトの地から導き上った神。口を広く開けよ、わたしはそれを満たそう。
12:しかし、わたしの民はわたしの声を聞かずイスラエルはわたしを求めなかった。
13:わたしは頑な心の彼らを突き放し思いのままに歩かせた。
14:わたしの民がわたしに聞き従いイスラエルがわたしの道に歩む者であったなら
15:わたしはたちどころに彼らの敵を屈服させ彼らを苦しめる者の上に手を返すであろうに。」
16:主を憎む者が主に屈服しこの運命が永劫に続くように。
17:主は民を最良の小麦で養ってくださる。「わたしは岩から蜜を滴らせてあなたを飽かせるであろう。」

詩篇82編

1:【賛歌。アサフの詩。】神は神聖な会議の中に立ち神々の間で裁きを行われる。
2:「いつまであなたたちは不正に裁き神に逆らう者の味方をするのか。〔セラ
3:弱者や孤児のために裁きを行い苦しむ人、乏しい人の正しさを認めよ。
4:弱い人、貧しい人を救い神に逆らう者の手から助け出せ。」
5:彼らは知ろうとせず、理解せず闇の中を行き来する。地の基はことごとく揺らぐ。
6:わたしは言った「あなたたちは神々なのか皆、いと高き方の子らなのか」と。
7:しかし、あなたたちも人間として死ぬ。君侯のように、いっせいに没落する。
8:神よ、立ち上がり、地を裁いてください。あなたはすべての民を嗣業とされるでしょう。

詩篇83編

1:【歌。賛歌。アサフの詩。】
2:神よ、沈黙しないでください。黙していないでください。静まっていないでください。
3:御覧ください、敵が騒ぎ立っています。あなたを憎む者は頭を上げています。
4:あなたの民に対して巧みな謀をめぐらしあなたの秘蔵の民に対して共謀しています。
5:彼らは言います「あの民を国々の間から断とう。イスラエルの名が再び思い起こされることのないように」と。
6:彼らは心をひとつにして謀りあなたに逆らって、同盟を結んでいます。
7:天幕に住むエドム人イシュマエル人、モアブ、ハガル人。
8:ゲバル、アンモン、アマレクペリシテとティルスの住民。
9:アッシリアもそれに加わりロトの子らに腕を貸しています。〔セラ
10:これらの民に対しても、なさってくださいあなたが、かつてミディアンになさったようにキション川のほとりでシセラとヤビンになさったように。
11:エン・ドルで彼らは滅ぼされ大地の肥やしとされました。
12:これらの民の貴族をオレブとゼエブのように王侯らをゼバとツァルムナのようにしてください。
13:彼らは言います「神の住まいを我らのものにしよう」と。
14:わたしの神よ、彼らを車の輪のように風に巻かれる藁のようにしてください。
15:火の手が林を焼くように炎が山々をなめるように
16:あなたの嵐によって彼らを追いあなたのつむじ風によって恐れさせてください。
17:彼らの顔が侮りで覆われるなら彼らは主の御名を求めるようになるでしょう。
18:彼らが永久に恥じ、恐れ嘲りを受けて、滅びますように。
19:彼らが悟りますようにあなたの御名は主ただひとり全地を超えて、いと高き神であることを。

詩篇84編

1:【指揮者によって。ギティトに合わせて。コラの子の詩。賛歌。】
2:万軍の主よ、あなたのいますところはどれほど愛されていることでしょう。
3:主の庭を慕って、わたしの魂は絶え入りそうです。命の神に向かって、わたしの身も心も叫びます。
4:あなたの祭壇に、鳥は住みかを作りつばめは巣をかけて、雛を置いています。万軍の主、わたしの王、わたしの神よ。
5:いかに幸いなことでしょうあなたの家に住むことができるならまして、あなたを賛美することができるなら。〔セラ
6:いかに幸いなことでしょうあなたによって勇気を出し心に広い道を見ている人は。
7:嘆きの谷を通るときも、そこを泉とするでしょう。雨も降り、祝福で覆ってくれるでしょう。
8:彼らはいよいよ力を増して進みついに、シオンで神にまみえるでしょう。
9:万軍の神、主よ、わたしの祈りを聞いてください。ヤコブの神よ、耳を傾けてください。〔セラ
10:神よ、わたしたちが盾とする人を御覧になりあなたが油注がれた人を顧みてください。
11:あなたの庭で過ごす一日は千日にまさる恵みです。主に逆らう者の天幕で長らえるよりはわたしの神の家の門口に立っているのを選びます。
12:主は太陽、盾。神は恵み、栄光。完全な道を歩く人に主は与え良いものを拒もうとはなさいません。
13:万軍の主よ、あなたに依り頼む人はいかに幸いなことでしょう。

詩篇85編

1:【指揮者によって。コラの子の詩。賛歌。】
2:主よ、あなたは御自分の地をお望みになりヤコブの捕われ人を連れ帰ってくださいました。
3:御自分の民の罪を赦し彼らの咎をすべて覆ってくださいました。〔セラ
4:怒りをことごとく取り去り激しい憤りを静められました。
5:わたしたちの救いの神よわたしたちのもとにお帰りください。わたしたちのための苦悩を静めてください。
6:あなたはとこしえにわたしたちを怒りその怒りを代々に及ぼされるのですか。
7:再びわたしたちに命を得させあなたの民があなたによって喜び祝うようにしてくださらないのですか。
8:主よ、慈しみをわたしたちに示しわたしたちをお救いください。
9:わたしは神が宣言なさるのを聞きます。主は平和を宣言されます御自分の民に、主の慈しみに生きる人々に彼らが愚かなふるまいに戻らないように。
10:主を畏れる人に救いは近く栄光はわたしたちの地にとどまるでしょう。
11:慈しみとまことは出会い正義と平和は口づけし
12:まことは地から萌えいで正義は天から注がれます。
13:主は必ず良いものをお与えになりわたしたちの地は実りをもたらします。
14:正義は御前を行き主の進まれる道を備えます。

詩篇86編

1:【祈り。ダビデの詩。】主よ、わたしに耳を傾け、答えてください。わたしは貧しく、身を屈めています。
2:わたしの魂をお守りくださいわたしはあなたの慈しみに生きる者。あなたの僕をお救いくださいあなたはわたしの神わたしはあなたに依り頼む者。
3:主よ、憐れんでください絶えることなくあなたを呼ぶわたしを。
4:あなたの僕の魂に喜びをお与えください。わたしの魂が慕うのは主よ、あなたなのです。
5:主よ、あなたは恵み深く、お赦しになる方。あなたを呼ぶ者に豊かな慈しみをお与えになります。
6:主よ、わたしの祈りをお聞きください。嘆き祈るわたしの声に耳を向けてください。
7:苦難の襲うときわたしが呼び求めればあなたは必ず答えてくださるでしょう。
8:主よ、あなたのような神は神々のうちになくあなたの御業に並ぶものはありません。
9:主よ、あなたがお造りになった国々はすべて御前に進み出て伏し拝み、御名を尊びます。
10:あなたは偉大な神驚くべき御業を成し遂げられる方ただあなたひとり、神。
11:主よ、あなたの道をお教えください。わたしはあなたのまことの中を歩みます。御名を畏れ敬うことができるように一筋の心をわたしにお与えください。
12:主よ、わたしの神よ心を尽くしてあなたに感謝をささげとこしえに御名を尊びます。
13:あなたの慈しみはわたしを超えて大きく深い陰府からわたしの魂を救い出してくださいます。
14:神よ、傲慢な者がわたしに逆らって立ち暴虐な者の一党がわたしの命を求めています。彼らはあなたを自分たちの前に置いていません。
15:主よ、あなたは情け深い神憐れみに富み、忍耐強く慈しみとまことに満ちておられる。
16:わたしに御顔を向け、憐れんでください。御力をあなたの僕に分け与えあなたのはしための子をお救いください。
17:良いしるしをわたしに現してください。それを見てわたしを憎む者は恥に落とされるでしょう。主よ、あなたは必ずわたしを助け力づけてくださいます。

詩篇87編

1:【コラの子の詩。賛歌。歌。】聖なる山に基を置き
2:主がヤコブのすべての住まいにまさって愛されるシオンの城門よ。
3:神の都よあなたの栄光について人々は語る。〔セラ
4:「わたしはラハブとバビロンの名をわたしを知る者の名と共に挙げよう。見よ、ペリシテ、ティルス、クシュをもこの都で生まれた、と書こう。
5:シオンについて、人々は言うであろうこの人もかの人もこの都で生まれた、と。」いと高き神御自身がこれを固く定められる。
6:主は諸国の民を数え、書き記されるこの都で生まれた者、と。〔セラ
7:歌う者も踊る者も共に言う「わたしの源はすべてあなたの中にある」と。

詩篇88編

1:【歌。賛歌。コラの子の詩。指揮者によって。マハラトに合わせて。レアノト。マスキール。エズラ人ヘマンの詩。】
2:主よ、わたしを救ってくださる神よ昼は、助けを求めて叫び夜も、御前におります。
3:わたしの祈りが御もとに届きますように。わたしの声に耳を傾けてください。
4:わたしの魂は苦難を味わい尽くし命は陰府にのぞんでいます。
5:穴に下る者のうちに数えられ力を失った者とされ
6:汚れた者と見なされ死人のうちに放たれて墓に横たわる者となりました。あなたはこのような者に心を留められません。彼らは御手から切り離されています。
7:あなたは地の底の穴にわたしを置かれます影に閉ざされた所、暗闇の地に。
8:あなたの憤りがわたしを押さえつけあなたの起こす波がわたしを苦しめます。〔セラ
9:あなたはわたしから親しい者を遠ざけられました。彼らにとってわたしは忌むべき者となりました。わたしは閉じ込められて、出られません。
10:苦悩に目は衰え来る日も来る日も、主よ、あなたを呼びあなたに向かって手を広げています。
11:あなたが死者に対して驚くべき御業をなさったり死霊が起き上がってあなたに感謝したりすることがあるでしょうか。〔セラ
12:墓の中であなたの慈しみが滅びの国であなたのまことが語られたりするでしょうか。
13:闇の中で驚くべき御業が忘却の地で恵みの御業が告げ知らされたりするでしょうか。
14:主よ、わたしはあなたに叫びます。朝ごとに祈りは御前に向かいます。
15:主よ、なぜわたしの魂を突き放しなぜ御顔をわたしに隠しておられるのですか。
16:わたしは若い時から苦しんで来ました。今は、死を待ちます。あなたの怒りを身に負い、絶えようとしています。
17:あなたの憤りがわたしを圧倒しあなたを恐れてわたしは滅びます。
18:それは大水のように絶え間なくわたしの周りに渦巻きいっせいに襲いかかります。
19:愛する者も友もあなたはわたしから遠ざけてしまわれました。今、わたしに親しいのは暗闇だけです。

詩篇89編

1:【マスキール。エズラ人エタンの詩。】
2:主の慈しみをとこしえにわたしは歌います。わたしの口は代々にあなたのまことを告げ知らせます。
3:わたしは申します。「天にはとこしえに慈しみが備えられあなたのまことがそこに立てられますように。」
4:「わたしが選んだ者とわたしは契約を結びわたしの僕ダビデに誓った
5:あなたの子孫をとこしえに立てあなたの王座を代々に備える、と。」〔セラ
6:主よ、天があなたの驚くべき力を告白し聖なるものがその集会であなたのまことを告白しますように。
7:雲の上で、誰が主に並びえましょう神々の子らの中で誰が主に比べられましょう。
8:聖なるものの集いにおいてあなたは恐れられる神。御もとにあるものすべてに超えて大いに畏れ敬われる方です。
9:万軍の神、主よ誰があなたのような威力を持つでしょう。主よ、あなたの真実はあなたを取り囲んでいます。
10:あなたは誇り高い海を支配し波が高く起これば、それを静められます。
11:あなたはラハブを砕き、刺し殺し御腕の力を振るって敵を散らされました。
12:天はあなたのもの、地もあなたのもの。御自ら世界とそこに満ちるものの基を置き
13:北と南を創造されました。タボル山、ヘルモン山は御名を喜び歌います。
14:あなたは力強い業を成し遂げる腕を具え御手の力を振るい右の御手を高く上げられます。
15:正しい裁きは御座の基慈しみとまことは御前に進みます。
16:いかに幸いなことでしょう勝利の叫びを知る民は。主よ、御顔の光の中を彼らは歩きます。
17:絶えず、御名によって喜び躍り恵みの御業にあずかって奮い立ちます。
18:あなたは彼らの力の輝きです。御旨によって、我らの角を高く上げてください。
19:主は我らの盾イスラエルの聖なる方は我らの王。
20:あなたの慈しみに生きる人々にかつて、あなたは幻によってお告げになりました。「わたしは一人の勇士に助けを約束する。わたしは彼を民の中から選んで高く上げた。
21:わたしはわたしの僕ダビデを見いだし彼に聖なる油を注いだ。
22:わたしの手は彼を固く支えわたしの腕は彼に勇気を与えるであろう。
23:敵は彼を欺きえず不正な者が彼を低くすることはない。
24:わたしは彼の前で彼を苦しめる者を滅ぼし彼を憎む者を倒す。
25:わたしの真実と慈しみは彼と共にありわたしの名によって彼の角は高く上がる。
26:わたしは彼の手を海にまで届かせ彼の右の手を大河にまで届かせる。
27:彼はわたしに呼びかけるであろうあなたはわたしの父わたしの神、救いの岩、と。
28:わたしは彼を長子とし地の諸王の中で最も高い位に就ける。
29:とこしえの慈しみを彼に約束しわたしの契約を彼に対して確かに守る。
30:わたしは彼の子孫を永遠に支え彼の王座を天の続く限り支える。
31:しかし、彼の子らがわたしの教えを捨てわたしの裁きによって歩まず
32:わたしの掟を破りわたしの戒めを守らないならば
33:彼らの背きに対しては杖を悪に対しては疫病を罰として下す。
34:それでもなお、わたしは慈しみを彼から取り去らずわたしの真実をむなしくすることはない。
35:契約を破ることをせずわたしの唇から出た言葉を変えることはない。
36:聖なるわたし自身にかけてわたしはひとつのことを誓ったダビデを裏切ることは決してない、と。
37:彼の子孫はとこしえに続き彼の王座はわたしの前に太陽のように
38:雲の彼方の確かな証しである月のようにとこしえに立つであろう。」〔セラ
39:しかしあなたは、御自ら油を注がれた人に対して激しく怒り、彼を退け、見捨て
40:あなたの僕への契約を破棄し彼の王冠を地になげうって汚し
41:彼の防壁をことごとく破り砦をすべて廃虚とされた。
42:通りかかる者は皆、そこで略奪し周囲の民は彼を辱める。
43:彼を苦しめる者の右の手をあなたは高く上げ彼の敵が喜び祝うことを許された。
44:しかも、彼の剣を再び岩のかけらとし戦いの時にも、彼の力を興してくださらない。
45:あなたは彼の清さを取り去り彼の王座を地になげうたれた。
46:あなたは彼の若さの日を短くし恥で彼を覆われた。〔セラ
47:いつまで、主よ、隠れておられるのですか。御怒りは永遠に火と燃え続けるのですか。
48:心に留めてくださいわたしがどれだけ続くものであるかをあなたが人の子らをすべていかにむなしいものとして創造されたかを。
49:命ある人間で、死を見ないものがあるでしょうか。陰府の手から魂を救い出せるものがひとりでもあるでしょうか。〔セラ
50:主よ、真実をもってダビデに誓われたあなたの始めからの慈しみはどこに行ってしまったのでしょうか。
51:主よ、御心に留めてくださいあなたの僕が辱めを受けていることをこれら強大な民をわたしが胸に耐えていることを。
52:彼らは、主よ、あなたの敵であり彼らは辱めるのです。彼らはあなたの油注がれた者を追って辱めるのです。
53:主をたたえよ、とこしえに。アーメン、アーメン。

詩篇90編

1:【祈り。神の人モーセの詩。】主よ、あなたは代々にわたしたちの宿るところ。
2:山々が生まれる前から大地が、人の世が、生み出される前から世々とこしえに、あなたは神。
3:あなたは人を塵に返し「人の子よ、帰れ」と仰せになります。
4:千年といえども御目には昨日が今日へと移る夜の一時にすぎません。
5:あなたは眠りの中に人を漂わせ朝が来れば、人は草のように移ろいます。
6:朝が来れば花を咲かせ、やがて移ろい夕べにはしおれ、枯れて行きます。
7:あなたの怒りにわたしたちは絶え入りあなたの憤りに恐れます。
8:あなたはわたしたちの罪を御前に隠れた罪を御顔の光の中に置かれます。
9:わたしたちの生涯は御怒りに消え去り人生はため息のように消えうせます。
10:人生の年月は七十年程のものです。健やかな人が八十年を数えても得るところは労苦と災いにすぎません。瞬く間に時は過ぎ、わたしたちは飛び去ります。
11:御怒りの力を誰が知りえましょうか。あなたを畏れ敬うにつれてあなたの憤りをも知ることでしょう。
12:生涯の日を正しく数えるように教えてください。知恵ある心を得ることができますように。
13:主よ、帰って来てください。いつまで捨てておかれるのですか。あなたの僕らを力づけてください。
14:朝にはあなたの慈しみに満ち足らせ生涯、喜び歌い、喜び祝わせてください。
15:あなたがわたしたちを苦しめられた日々と苦難に遭わされた年月を思ってわたしたちに喜びを返してください。
16:あなたの僕らが御業を仰ぎ子らもあなたの威光を仰ぐことができますように。
17:わたしたちの神、主の喜びがわたしたちの上にありますように。わたしたちの手の働きをわたしたちのために確かなものとしわたしたちの手の働きをどうか確かなものにしてください。

Posted by JK7ESY