301 ビュー

こんな空港に誰がした

午前中の便は欠航、夕方の便も欠航。

1日2便しかないのに、すべて欠航ってこんな空港が日本にあるのですね。

離島の空港よりもたちが悪くないですか?

しかも、こんな空港を維持するために、管理者の県は年間5億円を投入しているんですよ。

あれこれと対策はしているようですが、搭乗客が増えないので札幌便も伊丹便も廃止になっちゃうし、唯一残っている羽田便も1日2便。

2便とはいってもその時間設定に問題ありで、午前中の折り返しなんて11時出発して12時に羽田ですよ。午前中に商談があったとしても間に合わなかったりする。だったら、青森空港なり秋田空港を利用しますよね・・・

こんな空港に誰がした?というよりも、なんでここに空港を建設したのかということになりますよね。

普段、飛行機に搭乗するような人たちが少ないこの地域に空港を建設したって、つくるまえから結果は見えていたはずなのに。結局、大手ゼネコンのためにつくったようなものですよね。

飛行機を運航するANAさんだって採算がとれず、いますぐにでも運航をやめたいそうじゃないですか。しょうがなくて運航しているようなもんだって耳にしたことがありますよ。

おまけに開港当時は管制塔がしっかりあったんですけどね、いつの間にかリモート空港に格下げされちゃって、管制塔?管制室だけがすっぽり取り除かれてしまいました。仙台でこの空港を遠隔監視して、飛行機に指示を出しているとか聴いたことがあります。交通量の少ない空港はリモート空港なんだそうです。

で、リモート空港がこの東北にいくつあるのか? ウィキペディアによると、

佐渡空港 SDS/RJSD、大館能代空港 ONJ/RJSR、庄内空港 SYO/RJSY

の3空港だそうです。ここよりも飛んでいるであろう庄内空港もリモート空港なんですね。仙台のフライトサーヴィスセンターで監視指示を行っているそうです。

駄文