163 ビュー

2020年1月25日 【中央競馬】石清水ステークスの受信【ラジオNIKKEI】

96年の年度代表馬サクラローレルが死ぬ

1996年の天皇賞・春と有馬記念を制し、G1・2勝を挙げたサクラローレル(牡29歳)が24日朝、老衰のためけい養先の北海道新ひだか町の新和牧場で死んだことが分かった。同牧場のフェイスブックで発表された。

同馬は94年1月に美浦・境勝太郎厩舎からデビューし、95年1月に金杯で重賞初V。96年の天皇賞・春でG1初制覇を決めた。同年の天皇賞・秋は3着に敗れるも、続く有馬記念を快勝し、この年の年度代表馬と最優秀5歳以上牡馬(当時)を受賞した。翌年は境勝師の定年により、小島太厩舎へ転厩。天皇賞・春2着から凱旋門賞を目指してフランス遠征を行ったが、9月の前哨戦のフォワ賞で右前脚の屈腱不全断裂を発症して8着に敗戦。これが現役最後のレースとなった。

種牡馬としては02年京成杯を制したローマンエンパイアや、04年鳴尾記念など重賞3勝を挙げたサクラセンチュリーを輩出。12年に種牡馬を引退し、余生を新和牧場で過ごしていた。

同牧場の谷岡毅場長は「多くのファンに愛された馬でしたので、非常に残念です。ファンの方から頂いたリンゴを一口でほお張る様子が懐かしいです。会いに来てくださいました多くのファンの方々、応援してくださった方々には、この場を借りてお礼申し上げます」とコメントした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200124-00000063-dal-horse

にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ

【受信データ】

周波数 6115kHz
受信日 2020年1月25日
受信時間 13:00 to 16:45 JST
SINPO評価 55444
LANGUAGE 日本語
空中線 ALA-1530S+
受信機 PERSEUS

【1回小倉3日小倉競馬】

【萌黄賞】8番人気ディモールトが2番手から抜け出して2勝目挙げる

1月25日の小倉10R・萌黄賞(3歳1勝クラス、芝1200メートル、10頭立て)は、鮫島克駿騎手騎乗の8番人気ディモールト(牡、栗東・角田晃一厩舎)が逃げたレジェーロ(6番人気)の2番手からゴール前クビ差捕らえて快勝した。タイムは1分09秒9(稍重)。

クビ差+3馬身差の3着にはメイショウマサヒメ(5番人気)が続き、1番人気のレッドヴェイパーは中団から伸びず8着に敗れた。 

萌黄賞を勝ったディモールトは、父ヘニーヒューズ、母がGIII・福島牝馬Sを連覇したオールザットジャズで、母の父タニノギムレットという血統。通算成績は4戦2勝。

サンスポ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200125-00000516-sanspo-horse

7R 4歳以上1勝[500万円以下]
1200m芝稍重/天候曇り
1着:トモジャファイブ 横山 武史
2着:タガノカルラ 酒井 学
3着:ガイセン 丹内 祐次
単勝\8200

8R 4歳以上1勝[500万円以下]
1700mダート重/天候曇り
1着:モサ 吉田 隼人
2着:カルロスミノル 酒井 学
3着:バンクショット 団野 大成
単勝\430

9R 4歳以上1勝[500万円以下]
2600m芝稍重/天候曇り
1着:ウインレーヴドール 丹内 祐次
2着:サンサルドス 藤岡 佑介
3着:ディーグランデ 勝浦 正樹
単勝\340

10R 萌黄賞[3歳1勝(500万円以下)]
1200m芝稍重/天候曇り
1着:ディモールト 鮫島 克駿
2着:レジェーロ 藤田 菜七子
3着:メイショウマサヒメ 酒井 学
単勝\1790

11R 響灘特別[4歳以上2勝(1000万円以下)牝]
1700mダート重/天候曇り
1着:パレニア 藤岡 佑介
2着:レッドシルヴァーナ 藤岡 康太
3着:カリーニョミノル 吉田 隼人
単勝\1310

12R 脊振山特別[4歳以上1勝(500万円以下)(混合)]
1800m芝稍重/天候曇り
1着:ナリス 藤岡 康太
2着:パルフェクォーツ 荻野 極
3着:マイネルウィルトス 丹内 祐次
単勝\430

【1回京都8日京都競馬】

【京都11R・石清水S】良血ドナウデルタが直線抜け出す 川田「馬が良くなっています」

1月25日の京都11R・石清水S(芝1400メートル=16頭立て)は、1番人気のドナウデルタが直線で抜け出し、3連勝でオープン入りを決めた。勝ち時計は1分22秒5。

スタートを勢いよく出ると、中団のインコースでじっくりと脚をためた。4角6番手で直線へ向くと、徐々にエンジンを加速。残り200メートル付近で鞍上の川田が懸命にムチを入れると、それに応えて突き抜けた。2着に迫ったアクアミラビリスを1馬身1/4差で退けた。

川田将雅騎手は「連勝でここまで勝ったのは、馬が良くなっていますからね。レースの内容も良かったです」とクールに振り返った。管理する石坂正調教師は「期待通り、予定通りでしたね。去年の秋くらいからしっかりしてきました。距離も1400メートルがいいですね。次走は京都牝馬S(2月22日・京都)に行きます」と笑顔。母ドナウブルーが12年に制したレースを目標に調整を進める。

スポーツ報知 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200125-01250089-sph-horse

7R 3歳1勝[500万円以下]
1400mダート重/天候曇り
1着:ヘルシャフト 福永 祐一
2着:テンテキセンセキ 幸 英明
3着:マジックスピーチ 和田 竜二
単勝\170

8R 4歳以上1勝[500万円以下]
1200mダート重/天候曇り
1着:ロイヤルパールス 幸 英明
2着:ブライトエンパイア 岩田 望来
3着:スナークスター 松山 弘平
単勝\510

9R 睦月賞[4歳以上2勝(1000万円以下)(混合)]
2400m芝稍重/天候曇り
1着:ヴィッセン A.シュタルケ
2着:フィールインラヴ 岩田 康誠
3着:プランドラー C.ルメール
単勝\1070

10R 蹴上特別[4歳以上2勝(1000万円以下)(混合)]
1800mダート重/天候曇り
1着:マリオ 幸 英明
2着:カフジキング C.ルメール
3着:シェパードボーイ 福永 祐一
単勝\500

11R 石清水ステークス[4歳以上3勝(1600万円以下)(混合)]
1400m芝稍重/天候曇り
1着:ドナウデルタ 川田 将雅
2着:アクアミラビリス C.ルメール
3着:アンリミット 城戸 義政
単勝\300

【1回中山8日中山競馬】

武豊セラン逃げ切り首差V「着差以上に強い」呉竹賞

<呉竹賞>◇25日=中山◇3歳1勝クラス◇ダート1800メートル◇出走13頭

紅一点のセラン(牝、松永幹)が逃げ切った。軽く促してハナへ。直線で外に張りながらもしぶとく脚を伸ばし2着ピオノノの猛追を首差しのいだ。

武豊騎手は「無理にハナに行こうとは思っていなかった。右回りで勝っているけど、ずっと外に逃げていて本来は左回りの方がいい。着差以上に強かったですね。能力ある。楽しみです」と話した。次走は未定。

日刊スポーツ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200125-01250364-nksports-horse

7R 4歳以上1勝[500万円以下]
1800mダート良/天候曇り
1着:メダリオンモチーフ O.マーフィー
2着:ペイシャキュウ 野中 悠太郎
3着:シャルロッテミノル 木幡 育也
単勝\200

8R 4歳以上2勝[1000万円以下]
1200mダート良/天候曇り
1着:キタノオドリコ F.ミナリク
2着:サンマルベスト 畑端 省吾
3着:エアコンヴィーナ 武 豊
単勝\1270

9R 呉竹賞[3歳1勝(500万円以下)(混合)]
1800mダート良/天候曇り
1着:セラン 武 豊
2着:ピオノノ O.マーフィー
3着:シアトルテソーロ 大野 拓弥
単勝\640

10R 東雲賞[4歳以上2勝(1000万円以下)(混合)]
1600m芝良/天候曇り
1着:スーパーブレイク 吉田 豊
2着:アフランシール 田辺 裕信
3着:ボールドジャパン 江田 照男
単勝\580

11R アレキサンドライトステークス[4歳以上3勝(1600万円以下)(混合)]
1800mダート良/天候曇り
1着:フィードバック 横山 典弘
2着:メイショウササユリ 横山 和生
3着:ブライトンロック 田辺 裕信
単勝\410

競馬ラジオ6115kHz

Posted by JK7ESY