168 ビュー

2020年2月15日 【中央競馬】クイーンカップの受信【ラジオNIKKEI】

藤田菜七子騎手が小倉5Rで落馬…関係者「意識はしっかりしている」

藤田菜七子騎手(22)=美浦・根本康広厩舎=は15日、小倉5R・3歳未勝利戦(芝1800メートル=12頭立て)でランサムトラップ(牝3歳、美浦・根本康広厩舎)に騎乗し、向こう正面の残り800メートル付近で馬がつまずき落馬した。

肩から落ちるような形になり、その後は担架で救護室まで運ばれた。

関係者によると「意識はしっかりしている」という。

この後に騎乗を予定していた3鞍は乗り替わりが決まり、8Rヤマニンマヒアは松若(56キロ)、9Rミリオンゲームは山田(52キロ)、11Rイサチルルンルンは木幡初(55キロ)となった。

スポーツ報知

にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへ

【受信データ】

周波数 6055kHz/6115kHz
受信日 2020年2月15日
受信時間 13:00 to 16:45 JST
SINPO評価 554
LANGUAGE 日本語
空中線 ALA-1530S+
受信機 PERSEUS

【1回小倉9日小倉競馬】

ディープ産駒ファルコニアが接戦制してV

15日の小倉10R・あすなろ賞(3歳1勝クラス、芝2000メートル=12頭立て)は、最後の直線で1番人気のレザネフォールとの叩き合いを制した2番人気でディープインパクト産駒のファルコニア(牡、栗東・角居勝彦厩舎)が勝利を飾った。勝ち時計は2分1秒4。

最後まで先頭は譲らない。ファルコニアの勝利への執念がにじみ出た。最後の直線で先に抜け出し、外からレザネフォールが並びかけてきた。「接戦になりましたけど、ずっと首が(相手よりも)出ていたまま辛抱してくれた」と、藤岡佑介騎手も同馬の勝負根性を褒めたたえた。在厩で調整し、しっかりと照準を合わせてきた。「まだ気性面も幼い馬。

成長があれば楽しみですね」と、ジョッキーはさらなる成長を期待していた。

スポーツ報知

7R 4歳以上1勝[(500万円以下)]
1800m芝良/天候晴れ
1着:ラストヌードル 藤岡 佑介
2着:リーガルメイン 西村 淳也
3着:ニホンピロヘイロー 団野 大成
単勝\220

8R 4歳以上1勝[(500万円以下)]
1700mダート重/天候晴れ
1着:ロードキング 鮫島 克駿
2着:ヤマニンマヒア 松若 風馬
3着:マイネルアプラウス 山田 敬士
単勝\630

9R 4歳以上1勝[(500万円以下)]
1000mダート重/天候晴れ
1着:ライブリテックス 中井 裕二
2着:スリーチェイサー 小林 凌大
3着:クリノクノイチ 団野 大成
単勝\1280

10R あすなろ賞[3歳1勝(500万円以下)]
2000m芝良/天候曇り
1着:ファルコニア 藤岡 佑介
2着:レザネフォール 鮫島 克駿
3着:スペースシップ 丹内 祐次
単勝\420

11R 紫川特別[4歳以上2勝(1000万円以下)]
1200m芝良/天候曇り
1着:カレンモエ 鮫島 克駿
2着:ヒロイックアゲン 荻野 極
3着:コウエイダリア 松若 風馬
単勝\260

12R 合馬特別[4歳以上1勝(500万円以下)]
1200m芝良/天候曇り
1着:ランドルーラー 菱田 裕二
2着:ヴィクトリアポデル 勝浦 正樹
3着:タガノカルラ 酒井 学
単勝\350

【2回京都5日京都競馬】

ヴァルディゼールがオープン勝ち

2月15日の京都11R・洛陽S・リステッド(芝1600メートル=13頭立て)は、3番人気のヴァルディゼール(牡4歳、栗東・渡辺薫彦厩舎、父ロードカナロア)が勝ち、昨年のシンザン記念を制した舞台で待望の3勝目を挙げた。勝ち時計は1分34秒2。

出たなりで中団へ。道中は気合をつけつつの追走だった。直線、鞍上のステッキに応えて前との差をジリジリ詰めると、残り50メートルでカリビアンゴールド(2着、川田将雅騎手)をとらえ、1馬身差をつけてゴールした。

昨年のNHKマイルC・G1(6着)以来のコンビ復活となった北村友一騎手は、これが自身の今年初勝利でもあった。「シンプルに馬が良くなっていたと思います。いい時に乗せてもらいました。勝負どころでずぶくなってフワッとする面はありましたが、ラストはしっかりエンジンがかかってくれました。まだ幼い部分もあるし、これから良くなる馬ですよ。いい末脚を持っているので、そこを伸ばせるようにしていきたいですね」と振り返った。

管理する渡辺調教師は「馬体増(16キロ増)は成長分。まだ幼くて4角でスッと反応できない部分など課題が残りますが、強かったですね」と、安堵(あんど)の表情を浮かべていた。

スポーツ報知

7R 3歳1勝[(500万円以下)]
1800mダート稍重/天候曇り
1着:ダノンファラオ 坂井 瑠星
2着:アポロアベリア 松山 弘平
3着:エイシンガネーシャ 川田 将雅
単勝\540

8R 4歳以上1勝[(500万円以下)]
1900mダート稍重/天候曇り
1着:シホノフォルテ 松田 大作
2着:キングレイスター 幸 英明
3着:カズマークセン 北村 友一
単勝\270

9R 宇治川特別[4歳以上2勝(1000万円以下)]
1400m芝稍重/天候曇り
1着:アフランシール 川田 将雅
2着:ハッシュゴーゴー 北村 友一
3着:イーサンパンサー 古川 吉洋
単勝\250

10R 松籟ステークス[4歳以上3勝(1600万円以下)]
2400m芝稍重/天候曇り
1着:トーセンカンビーナ 藤岡 康太
2着:ヴィッセン 坂井 瑠星
3着:スヴァルナ A.シュタルケ
単勝\420

11R 洛陽ステークス[4歳以上オープン]
1600m芝稍重/天候曇り
1着:ヴァルディゼール 北村 友一
2着:カリビアンゴールド 川田 将雅
3着:アストラエンブレム 池添 謙一
単勝\510

12R 4歳以上2勝[(1000万円以下)]
1800mダート稍重/天候曇り
1着:アイアムレジェンド 川田 将雅
2着:メラン 藤岡 康太
3着:テキスタイルアート 森 裕太朗
単勝\180

【1回東京5日東京競馬】

ミヤマザクラ重賞初V

3歳牝馬限定のG3は14頭によって争われ、2番人気で福永祐一騎手騎乗のミヤマザクラ(栗東・藤原英昭厩舎、父ディープインパクト)が、好位から直線で抜け出し、重賞初制覇を飾った。勝ち時計は1分34秒0。

4番人気のマジックキャッスル(シェーン・フォーリー騎手)がゴール前で追い詰めるも首差の2着まで。12番人気のセイウンヴィーナス(野中悠太郎騎手)が3着に入った。

福永騎手(ミヤマザクラ=1着)「次の桜花賞に向けて、初めてのマイルの距離だったので、ちょっとタメを利かせて、どれだけ脚を使えるか測りたかったが、思った以上にスタートがよくて、いい位置を取れてしまって、粘り込む形になってしまった。(レースの形は)不本意だったけど、馬が強かった。純粋に能力の高い馬。次のG1を見据えてレースをしたかったけど、馬に負担をかけてしまいましたね」

スポーツ報知

7R 4歳以上1勝[(500万円以下)]
1600m芝良/天候晴れ
1着:ヘイワノツカイ 石橋 脩
2着:レディードリー 柴田 善臣
3着:レッドヴァール C.ルメール
単勝\380

8R 4歳以上1勝[(500万円以下)]
1400mダート良/天候晴れ
1着:アイアムピッカピカ 柴田 善臣
2着:イベリスリーフ S.フォーリー
3着:スマイルプリティ 宮崎 北斗
単勝\460

9R テレビ山梨杯[4歳以上2勝(1000万円以下)]
1800m芝良/天候曇り
1着:ショウナンバビアナ M.デムーロ
2着:シングフォーユー C.ルメール
3着:アストラサンタン 武 豊
単勝\1290

10R 雲雀ステークス[4歳以上3勝(1600万円以下)]
1400m芝良/天候曇り
1着:ベストアクター 武 豊
2着:チカノワール 田中 勝春
3着:トウカイオラージュ 石川 裕紀人
単勝\410

11R 第55回デイリー杯クイーンカップ(GⅢ)[3歳オープン]
1600m芝良/天候曇り
1着:ミヤマザクラ 福永 祐一
2着:マジックキャッスル S.フォーリー
3着:セイウンヴィーナス 野中 悠太郎
単勝\380

12R 4歳以上2勝[(1000万円以下)]
1400mダート良/天候曇り
1着:トラストロン 吉田 豊
2着:フクノグリュック 横山 和生
3着:オールウェイズゼア 野中 悠太郎
単勝\1170

競馬ラジオ6055kHz,6115kHz

Posted by JK7ESY